日刊工業新聞社が主催する「第50回日本産業技術大賞」において、小惑星探査機「はやぶさ2」が審査委員会特別賞を受賞しました。贈賞式は2021年4月8日に東京・大手町の経団連会館にて行われ、はやぶさ2プロジェクトからは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本電気株式会社(NEC)、三菱重工(MHI)から代表者が出席しました。

日本産業技術大賞は、日本の産業社会の発展に貢献した技術成果を、学識経験者などで構成される審査委員会が毎年選定し、開発・実用化した企業やグループを表彰するものです。今回の受賞は、小惑星探査機「はやぶさ2」の成果を評価していただけたものと考えます。今後もさらなる挑戦を続けていく所存です。

詳細は、はやぶさ2プロジェクトのページをご覧ください。

第50回日本産業技術大賞 審査委員会特別賞の賞状と盾(画像クレジット:JAXA)

第50回日本産業技術大賞 審査委員会特別賞の賞状と盾(画像クレジット:JAXA)

左から、日刊工業新聞社社長の井水治博氏、津田雄一氏(JAXA)、大島武氏(NEC)、恩河忠興氏(MHI)(日刊工業新聞社提供)

左から、日刊工業新聞社社長の井水治博氏、津田雄一氏(JAXA)、大島武氏(NEC)、恩河忠興氏(MHI)(日刊工業新聞社提供)