第10章 たくましき仲間たち

カテゴリーメニュー

あかり

「あかり」とは、遠いところから暗い中に認められる光を言う。宇宙の塵で隠されている部分を赤外線によって見通すことが、その語感と重なることから適当と判断した。チームは、この衛星によって宇宙の謎の解明に大きな貢献をしたいと考え、その努力が、ささやかながら未来を照らす「あかり」になればとの思いもこめたつもりであった。参考までにライバルだった名前を列挙すれば、「ひとみ」「みらい」「せいら」(星羅:星がずっとつながったもの)、「あかつき」(最多得票)、「ゆりかご」「いにしえ」。ISASニュース編集長賞は「こたつ」。

「あかり/ASTRO-F」

「あかり/ASTRO-F」

読みかけのページとして記録する

「読みかけのページとして記録する」について