第10章 たくましき仲間たち

カテゴリーメニュー

ひのとり

長老の先生方は「命名は多数決ではない」とおっしゃる。衆愚政治ではないのである。しかし1981年2月21日に打ち上げたASTRO-Aの時は違った。何しろ実験班員の80%が同じ名前を書いたのである。ちょうど手塚治虫の長編コミック「ひのとり」がベストセラー街道をひた走っていた。衛星グループとロケット・グループに手塚の大ファンが一人ずついた。衛星の方は天文台の田中捷雄、ロケット・グループは的川泰宣である。

何しろこの衛星は太陽の観測衛星なのである。「ひのとり」という名前をつけなければ、手塚ファンの名が泣く。2人で猛烈に票を組織した。そして得票率80%!

当時の基準からすると「ちょっと派手」という印象だったらしいが、ついに数の力が勝って、衛星は「ひのとり」となった。マスコミには好評だった。実は田中と的川は大学入学以来の友人である。入学してすぐ同じクラスだった……。このあたり、コンビネーションの勝利であった。

「ひのとり/ASTRO-A」

「ひのとり/ASTRO-A」

火の鳥(手塚治虫)(C)TEZUKA PRODUCTIONS

火の鳥(手塚治虫)(C)TEZUKA PRODUCTIONS

読みかけのページとして記録する

「読みかけのページとして記録する」について