国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、大樹航空宇宙実験場において、2020年度気球実験を2020年6月22日から9月11日までの期間で実施してまいりました。しかしながら、実施を予定していた大気球実験のうち、B20-01実験(火星探査用飛行機の高高度飛行試験)は、コロナ禍の影響により準備作業を中断することとなったため、B20-02実験(気球VLBI実験)は、実験計画期間中に気球飛翔運用に適した高層風を得られる見込みがなくなったため、また、小型気球実験BS20-02(極薄ペロブスカイト太陽電池の気球飛翔)は、大樹航空宇宙実験場での噛み合わせ試験中に実験機器の不具合が判明したため、今年度の実施を見送り、予定していた実験期間を終了することとなりました。

 実験にご協力いただいた関係者の皆様に深く感謝いたします。