所長より

宇宙科学研究所は、2003年10月の宇宙航空研究 開発機構(JAXA)の結成時に機構の4本部の一つである宇宙科学研究本部として発足し、2010 年4月に現在の名称に改称されました。わが国の宇宙科学研究は、糸川先生のペンシルロケットに始まり、宇宙理学と宇宙工学の研究者の密接な連携のもと、統合前の文部科学省宇宙科学研究所を中心とした全国大学共同利用の活動により、大きく発展してきました。この文部科学省宇宙科学研 究所の機能を受け継いだ当研究所は、わが国と世 界の飛翔体による宇宙科学の発展に大きな責任を負っております。

宇宙科学研究所の目的は、国内の大学・研究所、諸外国の宇宙機関と協力して、特徴あるすぐれた宇宙科学ミッション(科学衛星・観測ロケット・大気球)の立案・開発・飛翔実験・運用を一貫して行い、それによる学術研究を強力に推進することにあります。このために、当研究所には、星や惑星を含む宇宙の構造と進化を追求するために大気の外に出て観測を行う天文科学、月・惑星・小惑星の構造と起源を探り、太陽系の生い立ち、ひいては生命の起源にも迫る太陽系科学、そしてこれらの挑戦的活動を可能にし、新たな宇宙への可能性を切り開く宇宙工学の研究者がおります。

これまで、当研究所は、これらの宇宙理学と宇宙工学の研究者の密接な連携のもと、「はやぶさ」などの野心的な衛星計画を次々と提案実現し、国際的にも卓越した研究所として高い評価を受けてきました。今後も、所内の5つの研究系による活発な研究活動を基盤として、世界的にもユニークな理工学研究者の連携により、すぐれた科学衛星計画の創成と実現に邁進していきたいと考えています。

宇宙科学研究所は、大学共同利用システムにより運営されています。今後ますます大型化・複雑化する科学衛星計画を実現していくには、大学や外部の研究所がリードする観測装置の開発を支援し、それらの機関と一体となった科学衛星計画の実現を図り、また、宇宙科学研究所の外にもデータセンターやサイエンスセンターを構築することにより、宇宙科学のすそ野を宇宙研の外に一段と広げるとともに、日本全体の宇宙科学力を高める必要があります。

言うまでもなく、宇宙科学研究所は、JAXAの不可欠の一員であり、我々の宇宙科学研究の成果により、機構そして我が国の宇宙開発全体が大きく発展することを強く願っています。今日、科学衛星プロジェクトは、政治・経済・外交にさえ関わる巨大な国家的事業となっています。宇宙基本計画で表明された宇宙科学のあり方は、この状況を反映しており、我々はそれを真摯に受け止め、宇宙利用を含む我が国の宇宙開発全体の発展に貢献していく所存です。宇宙科学研究所は、機構と日本の宇宙開発が直面する広汎な課題に対して、学術研究の手法により貢献していくことのできる唯一の組織であり、シンクタンクとしても機構内外からの期待に応えて行くつもりです。

人類は、20世紀になって宇宙への扉を開きました。扉の外に顔を見せつつある新世界は、暗黒エネルギーや暗黒物質の存在、我々が宇宙で孤独な存在でないことを示唆する太陽系外で続々と見つかる惑星、そして、我が太陽系の惑星・衛星・小惑星が示す多様な姿等々、私たちの想像をはるかに超えた様相を呈しつつあります。21世紀は、人類が宇宙と生命の起源について、はじめて包括的な描像を得る世紀となるでしょう。この知の探索に、宇宙科学研究所は顕著な貢献をしていきたいと考えています。

2013年4月

所長略歴

常田 佐久(つねた・さく) 1954年7月14日生まれ
宇宙航空研究開発機構 理事/宇宙科学研究所 所長 理学博士

昭和53年 東京大学理学部天 文学科 卒業
昭和55年 東京大学大学院理学系研究科天文学専門課程修士課程 修了
昭和58年 同理学系研究科天文学専門課程博士課程 修了(理学博士)
昭和58年 日本学術振興会 研究員
昭和61年 東京大学東京天文台 助手
昭和63年 東京大学理学部天文学教育研究センター 助手
平成04年 東京大学理学部天文学教育研究センター 助教授
平成07年 国立天文台 教授
平成16年 [組織変更により]自然科学研究機構国立天文台 教授
(太陽天体プラズマ研究部 教授、ひので科学プロジェクト長)
平成17年 国立天文台先端技術 センター長
平成25年 宇宙科学研究所長

受賞

平成07年度 第12回井上学術賞
平成19年度 国立天文台長賞 (共同受賞)
平成20年 Axford lecture, Asia Oceania Geophysical Union (AOGS)
平成21年 日本天文学会林忠 四郎賞
平成22年 英国University College London (UCL) 名誉フェロー
平成23年 英国Royal Astronomical Society (RAS) 名誉フェロー

これまでの研究の概要

専門は、飛翔体(人工衛星、観測ロケット、気球)を使った天文学・太陽の研究。日本の宇宙開発の黎明期であった1980年前後に大学院学生であり、日本初の太陽観測衛星「ひのとり」(ASTRO-A、1981年打上げ)計画に参画した。小田稔を中心とした日本X線天文学の先駆者達の指導を受け、硬X線望遠鏡の開発に携わった。天文学の大学院生として衛星開発に携わった日本で第1号であり、この時の体験は、現在に至るまで私の研究の原点となっている。2代目太陽観測衛星「ようこう」(SOLAR-A,1991年打上げ)の提案と軟X線望遠鏡の開発、3代目の「ひので」(SOLAR-B,2006年打上げ)の提案と可視光望遠鏡の開発および運用責任者として、これらの計画を連続して成功させてきた。我が国の天文学研究・飛翔体を使った研究の国際的地位は目覚ましく向上してきたが、これらの日本の太陽観測衛星シリーズもそれに大きく貢献している。また、衛星開発に加えて、観測ロケット(2回飛翔実験実施)および気球(2回飛翔実験実施)による新しい観測装置の実証・大学院生の指導を行ってきた。自らの開発した衛星と観測装置により、国内外の大学院生や若手研究者と共に研究を行い、太陽と宇宙磁場プラズマの研究に新しい展開をもたらしてきた。

寄稿・講演など

ISASニュース

講演

報道

一般講演

"The Sun and Life on planets", Science of the Cosmos, Science in the Cosmos, BBVA Foundation, Madrid, Spain, 2016 September 5

JAXA創立記念日講演など

年頭の挨拶

年次報告 所長挨拶

外国訪問(アジア地域)

平成25年度-29年度科研費Sによる研究

学術的講演

その他