本文へスキップ
 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所(ISAS)においてロケット推進剤の研究開発に取り組んでいる研究室です

・宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系
・国立大学法人東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻
English version is here. (under construction)

研究目的

 本研究室では、主に固体ロケット・ハイブリッドロケット・衛星姿勢制御用スラスタの推進剤に関する研究を行っています。
 研究は大別すると二つ、高エネルギー物質の燃焼・ロケットの低コスト化と高性能化に関して取り組んでいます。

堀・羽生研究室に進学を希望する方

 進学するには2つの方法があります

 1.東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻に進学する
  化学システム工学専攻の入学試験内容についてはこちらをご参照ください

 2.JAXAの連携大学院制度を利用する

  詳細はこちらをご参照ください
  総合研究大学院大学、東海大学の学生がこの制度を利用しています。

  ヤル気・ロケットが大好きな気持ちがあれば、様々な方法で学生を受け入れることが可能です!
  興味のある方は遠慮なくお声かけください。連絡先はこちら

NEWS新着情報

羽生宏人准教授のデザインされたイプシロンロケットが2013年度グッドデザイン賞金賞・ベスト100を受賞しました!
2016年3月21日
「関西から宇宙をめざせ! 〜関大発!宇宙につながる『意外な』最新技術〜」@グランフロント大阪ナレッジキャピタルにてD1岩崎が講演を行いました.沢山の皆様,ご参加有難うございました.
2016年3月13-15日
化学工学会第81年会が関西大学で行われ,D1岩崎が発表を行いました.
2016年2月8, 15日
M2の伊東山・冨吉が修士論文の研究発表会を終えました.お疲れ様!!
2016年1月14-15日
2015年度宇宙輸送シンポジウムが宇宙科学研究所で行われました.堀教授、羽生准教授がChairpersonを務め,松本研究員・D1岩崎・M2伊東山・M2冨吉が発表しました.
2015年12月9,10日
火薬学会2015年度秋季研究発表会が大分の豊泉荘で行われ、Rachid研究員・松本研究員・D1岩崎・M2伊東山・M2冨吉が発表を行いました。
また松本研究員・M2伊東山はその発表において優秀講演賞を受賞しました! (発表題目「TiO2を添加したAPコンポジット推進薬の燃焼速度」・「硝酸ヒドロキシルアミンの燃焼特性に関する検討」)
2015年11月28日
さがみはら宇宙の日講演会@相模原市立博物館にて羽生准教授が講演を行いました.タイトルはミミズ・ロボットがロケット燃料を作ったら?という大真面目な研究の話です.沢山の皆様,ご参加有難うございました.
2015年9月17日
堀・羽生研究室追い出しコンパが行われました。
2015年8月28日
M2(9月卒業)のAkshayが修士論文の研究発表会を終えました.お疲れ様!!
2015年7月6-10日
30th International Symposium on Space Technology and Scienceが神戸国際会議場で行われ、D1岩崎が発表を行いました。
2015年5月28, 29日
火薬学会2015年度春季研究発表会が慶應義塾大学で行われ、D1岩崎が発表を行いました。
またD1岩崎はその発表において優秀講演賞を受賞しました! (発表題目「固体推進薬連続捏和に関する研究」)
2015年3月13日
固体ロケット燃焼試験@能代ロケット実験場の様子が北羽新報に掲載されました。
2015年3月9-13日
羽生准教授・M2岩崎・高エネルギー物質研究会所属の学生(横国大・日大・中央大)が固体ロケット燃焼試験@能代ロケット実験場を行いました。
2015年3月2-31日
Prof. Galfettiが堀・羽生研究室客員教授に就任されました。