宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 活動内容 > 大気球

大気球

科学観測用大気球は、飛行機より高く、人工衛星よりも低い高度に長時間にわたり滞在できる唯一の飛翔体として、宇宙や地球の観測に用いられてきました。科学観測と工学実験のための大切な飛翔体の一つです。

日本において、大気球は三陸大気球観測所から毎年10機程度放球されてきました。観測所が開かれた1971年から2007年の閉所までの間に放球された大気球は、合計400機を超えました。
2008年度より、北海道大樹町にある大樹航空宇宙実験場での大気球実験が始まっています。

大気球は、宇宙線物理学、赤外線天文学、高エネルギー宇宙物理学、超高層大気物理学、宇宙生物学など様々な分野での科学観測に利用されています。新しい輸送、探査技術の工学実験も、大気球を使って行われています。

新たな科学観測、工学実験を実施できる次世代気球の研究、技術開発が進められています。

関連リンク