宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 宇宙科学研究所について > 表彰・受賞 > 宇宙科学研究所賞

表彰・受賞

宇宙科学研究所賞

第2回宇宙科学研究所賞の授与について

 JAXA宇宙科学研究所は、宇宙科学・探査プロジェクトの実施にあたり、その成功の鍵となった顕著な功績又は貢献のあった外部機関所属の方に『宇宙科学研究所賞』を授与しています。

 第2回宇宙科学研究所賞は以下3名の方々に平成28年1月6日授与されました。

氏名 授賞理由
末松 芳法
(国立天文台)
「太陽観測衛星「ひので」可視光磁場望遠鏡の開発」
安藤 真
(東工大)
「金星探査機「あかつき」及び小惑星探査機「はやぶさ2」搭載超遠距離通信用ハニカム構造ラジアルラインスロットアンテナの開発」
廣川 二郎
(東工大)
「金星探査機「あかつき」及び小惑星探査機「はやぶさ2」搭載超遠距離通信用ハニカム構造ラジアルラインスロットアンテナの開発」


 JAXA宇宙科学研究所はこのような機構外からの協力・支援に心から感謝するともに、 今後とも外部との連携をより一層重視していく所存です。

平成28年1月6日
宇宙科学研究所

第2回受賞者

氏名
末松 芳法(すえまつ よしのり) 末松 芳法(すえまつ よしのり)
プロフィール
現職 国立天文台 ひので科学プロジェクト 准教授
専門 太陽物理学
略歴 滋賀大学教育学部助手、国立天文台太陽物理学研究系助手、助教授を経て、2006年より現職。
「ようこう」打ち上げ後の「ひので」計画の当初より、ひのでプロジェクトに参加。
特に、可視光磁場望遠鏡(SOT)の軌道上回折限界性能達成のため、光学設計、光学系製作、光学性能評価試験の主担当として開発・製作に携わる。打ち上げ後より継続して「ひので」衛星運用(2011年よりSOT運用日本側責任者)に参加し、太陽観測ロケット、次期太陽観測衛星の検討に携わっている。
授賞理由
『太陽観測衛星「ひので」可視光磁場望遠鏡の開発』

 末松氏は、太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)に搭載され、ひのでの学術論文の創出等の成果に大きな貢献をした、日本固有の宇宙望遠鏡技術を持つ50cm可視光磁場望遠鏡(SOT)の開発に関し、高解像度性能を実現する上で鍵となる望遠鏡光学系の開発を主導しました。

 「ひので」に搭載した可視光磁場望遠鏡は、空間解像度0.2秒角(太陽面で150km)の安定した性能を実現させています。この性能は、強烈な太陽光を受ける太陽観測用の光学望遠鏡において国外宇宙望遠鏡では実現できていない日本固有の宇宙望遠鏡技術であります。

 末松氏は当該望遠鏡の光学設計から、光学系個々の性能評価、地上試験での光学性能検証まで一貫して主導的な役割を果たし、その高解像度性能達成を追求しました。
 特にフライト品の地上試験では許容を超えた大きな収差を見抜き、これを補正するためのレンズ系を設計し、回折限界性能を保証する望遠鏡に仕上げました。
さらに、焦点面装置フィルター系の光学性能の評価方法を確立して、日本での最終試験でこの手法を用いて高解像度性能を最終的に確認しました。

 「ひので」は打上げ後9年で900編を超える査読学術論文が発表されていますが、その原動力こそ「ひので」可視光磁場望遠鏡が提供した高解像度画像、動画及び高精度磁場データであり、可視光磁場望遠鏡の優れた性能は、国内のみならず、国外でも広く認知されています。

 可視光磁場望遠鏡の高解像度性能、即ち「ひので」の成功は、同氏の献身的な多大な貢献なしでは実現し得なかったものです。


氏名
安藤 真(あんどう まこと) 安藤 真(あんどう まこと)
プロフィール
現職 東京工業大学 理事・副学長(研究担当) 大学院理工学研究科教授
専門 電磁波工学
略歴 1979年東京工業大学博士課程修了。日本電信電話公社横須賀電気通信研究所、東京工業大学助手・助教授・教授を経て、2015年4月より現職。
電磁波回折・散乱現象の解析に関する研究に従事。2005年頃から「あかつき」「はやぶさ2」などの衛星搭載用マイクロ波帯・ミリ波帯高効率平面アンテナの研究に従事。
氏名
廣川 二郎(ひろかわ じろう) 廣川 二郎(ひろかわ じろう)
プロフィール
現職 東京工業大学大学院理工学研究科教授、宇宙科学研究所宇宙機応用工学研究系客員教授
専門 電磁波工学
略歴 1990年東京工業大学修士課程修了、1994年論文博士(東京工業大学)東京工業大学助手・助教授を経て、2015年より現職。
導波管型平面アンテナの解析・設計に関する研究に従事。2012年頃から衛星搭載用マイクロ波帯・ミリ波帯高効率平面アンテナの研究に従事。
授賞理由
『金星探査機「あかつき」及び小惑星探査機「はやぶさ2」搭載
超遠距離通信用ハニカム構造ラジアルラインスロットアンテナの開発』

 安藤氏、廣川氏は、金星探査機「あかつき」や小惑星探査機「はやぶさ2」の深宇宙探査機に搭載された、超遠距離通信用のハニカム構造ラジアルラインスロットアンテナの開発を主導しました。

 ラジアルラインスロットアンテナは1980年に発明され、その後安藤氏、廣川氏お二人によって改良が続けられたアンテナであり、高効率で非常に簡単な構造を持ち、収納体積が大きく複雑な構造を必要とするパラボラアンテナと比較して、平面パネルだけで高利得アンテナが構成できる特長があります。

 お二人は、深宇宙探査機搭載のために必要な更なる軽量化のために、スペーサとして誘電体ハニカムコアを採用し、その材料による電波損失やハニカム構造の六角形コア部分の電磁界への影響などを考慮した設計解析などを主導されました。

 それにより、従来の「はやぶさ」探査機のパラボラアンテナは、直径1.6m、高さ 0.9m,重量6.8kgでしたが、「はやぶさ2」平面アンテナは直径0.9m,厚み1cm,重量1.2kgとなり、利得は22%低下しましたが、5.6kgの大幅な軽量化を実現し、 探査機の軽量化が必要な「あかつき」及び「はやぶさ2」のミッション成立に多大な貢献をされました。

 

第1回宇宙科学研究所賞の授与について

 JAXAの宇宙科学・探査プロジェクトは、JAXAの研究者・技術者だけでなく機構外の大学・研究機関等から多くの研究者・技術者に参画いただき、その協力と支援に支えられて実施されております。

 こうしたプロジェクトの実施にあたり、その成功の鍵となった顕著な功績又は貢献のあった機構外の方を顕彰するため、平成26(2014)年11月JAXA宇宙科学研究所は『宇宙科学研究所賞』を創設いたしました。

 平成27(2015)年1月から所内委員会で選考を行った結果、記念すべき第1回宇宙科学研究所賞を下記の方々に授与することとなりました。

氏名 授賞理由
土井 靖生
(東京大学)
「赤外線天文衛星「あかり」遠赤外線検出器開発及びそれを用いた高詳細な全天の遠赤外線画像データの作成」
山口 智宏
(欧州GMV社)
「小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」の軌道ダイナミクス評価・飛行解析」
坂本 啓
(東工大)
「小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」の確実な収納・展開の実現に向けた構造研究」


 JAXA宇宙科学研究所はこのような機構外からの協力・支援に心から感謝するともに、 今後とも外部との連携をより一層重視していく所存です。

平成27年3月27日
宇宙科学研究所

第1回受賞者

氏名
土井 靖生(どい やすお) 土井 靖生(どい やすお)
プロフィール
現職 東京大学 大学院総合文化研究科 助教
専門 赤外線天体物理学
略歴 科学技術振興事業団 科学技術特別研究員、東京大学助手を経て2007年より現職。
大学院修了当初より遠赤外線検出器の基礎開発を推進し、完成した検出器を「あかり」衛星に搭載。全天の詳細な遠赤外線画像を作成し2014年12月に世界の天文学者へ向け公開。
現在は「あかり」画像データの解析に加え、次期赤外線天文衛星SPICA計画の遠赤外線観測装置日本側代表者として計画の推進に携わる。
授賞理由
『赤外線天文衛星「あかり」遠赤外線検出器開発、及びそれを用いた高詳細な全天の遠赤外線画像データの作成』

 土井氏は、日本初の赤外線天文衛星「あかり」の遠赤外線全天サーベイ観測の実施にあたり、装置開発・観測運用・観測データ処理の全てにおいて 中心的役割を果たし、観測の成功に大きく貢献しました。

 波長0.1ミリメートル程度の遠赤外線は、星・惑星系誕生の過程を知るために鍵となる波長帯です。土井氏は検出器製作過程を工夫することで、「あかり」衛星に搭載用の世界最大規模の画素数となる検出器の開発に成功しました。

 「あかり」衛星打上げ後、土井氏は観測天体に応じた衛星姿勢運用や検出器制御の計画立案を行い、一年五ヶ月に及んだ全天のサーベイ観測を成功させ、観測データの解析においても中心的な役割を果たしました。ノイズを含む検出器の出力信号から、真の信号を取り出すプログラムを開発し、遠赤外線の波長帯では世界最高の解像度を持つ全天の遠赤外線画像を完成させました。 完成した画像データは、JAXA宇宙科学研究所からインターネットを通じて世界の天文学者に向けて公開されています。 この画像データは、天文学の広い範囲の研究に大きく貢献すると期待されます。


氏名
山口 智宏(やまぐち ともひろ) 山口 智宏(やまぐち ともひろ)
プロフィール
現職 GMV社Mission Analysis Engineer
専門 宇宙航行力学 宇宙システム工学
略歴 2012年総合研究大学院大学物理科学研究科宇宙科学専攻博士課程修了。
2009〜2012年日本学術振興会特別研究員(DC1)。
博士課程在籍時にJAXA宇宙科学研究所にて、はやぶさ、IKAROSの軌道解析を行う。欧州宇宙機関(ESA-ESOC)のContractorとして、深宇宙探査機(ExoMars計画、JUICE計画など)の研究開発に参画。渡欧後も、将来ソーラーセイル探査計画の軌道力学に関する研究に参加。
授賞理由
『小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」の軌道ダイナミクス評価・飛行解析』

 山口智宏氏は、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」の開発から打ち上げ後運用に至るまで参画し、継続して軌道ダイナミクス評価、飛行解析に携わってきました。
 山口氏はIKAROSの主目的になっている、太陽光圧による加速の確認、ソーラーセイル機の軌道運動の解明と、太陽光圧を使った軌道制御の解析と評価を行いました。

  また、現実のセイルには皺(しわ)などの凹凸や、場所による光学特性の違いにより反射特性に分布があるが、そのようなセイルの複雑な構造・材料特性と軌道運動との関係を解明し、IKAROSの飛行データとソーラーセイル機の軌道運動を直接的に関係づける手法を考案しました。
 この手法は、従来の深宇宙軌道決定手法のように探査機の位置・速度のみを推定するのではなく、姿勢と軌道運動の不明量を同時に取り扱うことで推定精度を向上することが特徴であり、ソーラーセイルの特徴を利用した、実用性と独創性を兼ね備えた手法です。これによりソーラーセイル機の設計において、軌道・姿勢運動・構造・材料特性を結びつけて論じる道が拓けたと言えます。

 さらに山口氏は、JAXA宇宙科学研究所の軌道決定グループがソーラーセイル機のナビゲーションを行う礎も構築しており、プロジェクト活動としてのIKAROS、そしてそれに続く将来の宇宙探査計画への発展・応用へ多大な貢献をされました。


氏名
坂本 啓(さかもと ひらく) 坂本 啓(さかもと ひらく)
プロフィール
現職 東京工業大学 大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻・准教授
専門 宇宙構造物工学
略歴 2004年米国コロラド大学ボルダー校博士課程修了。日本学術振興会海外特別研究員、日本学術振興会PDを経て、2007年よりIKAROS計画に参加。
2008年から東京工業大学大学院理工学研究科 助教を経て、2015年2月より現職。
授賞理由
『ソーラー電力セイルの確実な収納・展開の実現に向けた構造研究』

 坂本啓氏は、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」において、最難関ミッションであるセイルの展開に大きく貢献しました。具体的には、従来よりも厳密なセイルモデルを構築して数値解析を行い、膜面の微小な剛性がセイルの展開挙動に与える影響を示しました。これを地上試験で検証し、安定してセイルを展開するための条件を明らかにしました。
 また、セイルの展開途中に膜面が引っかかった場合に、スラスタを噴射してセイルの展開をサポートするバックアップ制御法も考案しました。
 これらの研究成果はIKAROSの設計・製造・運用に反映され、IKAROSミッションを成功に導きました。

 さらに坂本氏は次期ソーラー電力セイル検討チームにおいて、数1000平方メートル級の超大型セイルの収納方法を提案しました。これは膜面の厚さを考慮しながらセイルを巻き付ける手法であり、再現性高く収納できることを地上試験により実証しました。

 現在、坂本氏はソーラー電力セイルの汎用化を目指して、ブームを用いたセイルの展開方式を提案し、積極的に研究を進めています。
 これらの成果は、国内外の学会で発表、また学術雑誌に多数掲載されていて、非常に高い評価を得ています。