コンポジット推進薬の連続捏和技術

D3岩崎, 松本研究員, 羽生准教授
 固体ロケット推進薬の製造効率に関する研究です.特に蠕動運動型ラバー混合器というバイオメカトロニクスから生まれた新しい混合器を開発し,安全で効率の良い固体推進薬製造プロセスの構築に取り組んでいます.この実現には,ヒトの消化管の動きさながらのソフトな収縮動作で高粘性のポリマー/粉体系を混ぜていく (捏和する) ことが重要です.蠕動運動型ラバー混合器の開発と捏和メカニズムの解明を産学連携で行っています.

詳細はコチラ

 

コンポジット推進薬内アルミニウム粒子の燃焼

松本研究員, D3岩崎, 羽生准教授

コンポジット推進薬の燃焼性能向上に向けた研究です.コンポジット推進薬には燃焼性能向上のため,一般的にアルミニウム粒子が添加されていますが,燃焼時にアルミニウム粒子は集塊する現象が確認されています.これでは望んだ性能が出ません.この問題解決に取り組んでいます.

 

 

ADNイオン液体推進剤のレーザー着火

D2伊東山, 羽生准教授

"第三の液体" として注目を集めるイオン液体ですが,高エネルギー物質アンモニウムジニトラミド (ADN) を用いて高エネルギーイオン液体の作製に成功,推進剤への応用が期待されています.一方,元々固体の高エネルギーが共融によって液体状態を保っている特殊さから,その燃焼・着火メカニズムを解明し,将来の宇宙機推進系に適した着火方法は新たに検討することが必要です.新しい推進剤で新しい宇宙機推進系を考える研究です.

 

 

HAN系液体推進剤の燃焼

Amrousse研究員, 堀教授

ヒドラジンに代わる次世代の低毒性液体推進剤として,これまで硝酸ヒドロキシルアミン (HAN) 系液体推進剤の研究開発が進められてきました.HAN系液体推進剤は例えば,触媒による熱分解を用いた一液式スラスタが検討されており,システム構築の核となるHAN系推進剤の熱分解過程の研究を行っています.

 

 

nanoAl/MgAl/AN系火薬の燃焼

B4小野, 堀教授

マグナリウム (MgAl) /硝酸アンモニウム (AN) から成る混合火薬は低環境負荷の火薬であり,固体推進薬や花火など広く火工品への応用が期待できます.燃焼性が上がるnanoAlおよび過塩素酸アンモニウム (AP) を添加することで常圧での良好な燃焼継続が予想されており,そのメカニズム解明に取り組んでいます.

 

 

ガス発生型消火剤の研究

B4無着,堀教授

 

 

熱可塑性推進薬に関する研究

堀教授