堀・羽生研究室とは

宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 宇宙科学研究所においてロケット推進薬の研究開発に取り組んでいます.
主に固体推進薬・液体推進薬・ハイブリッドロケット燃料を対象として,高エネルギー物質の燃焼や推進薬物性に関する研究を行っています.

ニュース

  • 2018年2月3日 羽生准教授がプロジェクトマネージャーを務める「SS-520-5号機/超小型衛星『たすき』(TRICOM-1R) 打ち上げ実証実験」が成功しました.
    打ち上げ実験の短編ドキュメンタリー映画「蒼天に翔る SS-520 5号機 385日の記憶」がYoutubeにて公開されています.
  • 2018年4月28日 第37回宇宙科学講演と映画の会において羽生准教授が講演を行いました.
  • 2018年3月28日 稲谷特任教授・羽生准教授・東大 中須賀教授による対談が「JAXA's (ジャクサス)」第72号に掲載されました.
  • 2018年3月21日 羽生准教授に関する記事が毎日新聞に掲載されました.(毎日新聞「ひと」)
  • 2018年3月16日 D3岩崎・羽生准教授・中央大学が研究を進めてきた蠕動運動型混合搬送器による固体推進薬捏和混練に関する研究に関して,記者会見が行われました.(各メディアの記事: ロボスタ日本経済新聞日刊工業新聞毎日新聞共同通信GIZMODOEMIRA)
  • 2018年3月8日 羽生准教授が平成29年度衝撃波シンポジウムにおいて特別講演「SS-520-5号機による超小型衛星の軌道投入実験」を行いました.
  • 2017年12月23日 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会において,講演題目「腸管の蠕動運動を模擬した混合搬送装置によるロケット固体推進薬の混合プロセス検討」(代表講演者 芦垣恭太 (中大)) が優秀講演賞を受賞しました.
  • 2017年11月6-10日 Amrousse研究員,松本研究員,D3岩崎,D2伊東山がThe 6th International Symposium on Energetic Materials and their Applications (HEMs 2017共同開催) にて口頭・ポスター発表を行いました.また,本会議では堀教授がOrganizing Committee Vice Chairperson, Program Committee Chairperson, HEMs 2017 Organizerを務められました.D2伊東山がExcellent poster awardを受賞しました.
  • 2017年11月5日 羽生准教授が第53回熱測定討論会公開市民講座「『ねつ』にまつわる今昔」にて講演「宇宙ロケットと科学」を行いました.
  • 2017年1月19日 NHK World「Rising」1月19日放送分 (1月30日 NHK BS1) にて羽生准教授,D2岩崎が出演しました.