Credit: 千葉工業大学 惑星探査研究センター

黒澤耕介氏(千葉工業大学 惑星探査研究センター)と岡本 尚也氏(JAXA宇宙科学研究所・日本学術振興会特別研究員)らの研究チームは、衝突現象で発生するガスを正確に調べるための実験手法を開発しました。新たに開発された実験手法を用いた研究から、原始地球での大気や海の形成や火星での天体衝突による物質循環など、太陽系内天体の環境変動の原因解明が進むと期待されます。

詳細は、千葉工業大学のページをご覧ください。 
 
本研究成果は、2019年7月4日付の米国地球惑星科学専門誌 Geophysical Research Letters 電子版に掲載されました。

論文タイトル:Shock Vaporization/Devolatilization of Evaporitic Minerals, Halite and Gypsum, in an Open System Investigated by a Two‐Stage Light Gas Gun

著者:Kosuke Kurosawa, Ryota Moriwaki, Goro Komatsu, Takaya Okamoto, Hiroshi Sakuma, Hikaru Yabuta, and Takafumi Matsui

URL : https://doi.org/10.1029/2019GL083249