東北大学、宇宙科学研究所、国立天文台などの研究者を中心とする研究チームは、すばる望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡を用いた観測から、ガリレオ衛星(木星の周りを回る4大衛星)が、木星の影に入り太陽光に直接照らされていない「食」の状態にも関わらず、わずか(通常の100万分の1程度)に輝いているという現象を発見しました。
※上記文章は天文台ウェブサイトのリード文を仮に入れています(入道)。

詳しくは、国立天文台のウェブサイトをご覧ください。
http://www.nao.ac.jp/news/science/2014/20140619-subaru-jupiter.html