宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 活動内容 > 科学衛星 > 太陽観測衛星「ひのとり」ASTRO-A

太陽観測衛星「ひのとり」ASTRO-A

機体データ

名称(打上げ前) ひのとり(ASTRO-A)
国際標識番号 1981-017A
開発の目的と役割 太陽硬X線フレアの2次元像、太陽粒子線、X線バーストなどの観測
打上げ 日時 1981年2月21日 9時30分
場所 鹿児島宇宙空間観測所(内之浦)
ロケット
構造 質量 188kg
形状

対面距離92.8cm、高さ81.5cmの八角柱型
4枚の太陽電池パドルを備える

[画像クリックで拡大]

軌道 高度 近地点576km 遠地点644km
傾斜角 31度
種類 略円軌道
周期 97分
主要ミッション機器 (1)太陽フレアX線像観測器(SXT)
(2)太陽軟X線輝線スペクトル観測器(SOX)
(3)太陽軟X線観測器(HXM)
(4)太陽フレアモニター(FLM)
(5)太陽ガンマ線観測器(SGR)
(6)粒子線モニター(PXM)
(7)プラズマ電子密度測定器(IMP)
(8)プラズマ電子温度測定器(TEL)
運用停止日 1991年7月11日
落下日 1991年7月11日
観測成果 国際的な太陽活動極大期観測プロジェクトに観測データを提供する役目もあった「ひのとり」は、定常観測体制に入った初日に、早くも大きな太陽フレアをとらえ、その後の1ヵ月間に大小41例のフレアをとらえることに成功した。こうしたX線観測によって、5000万度もの超高温が発生することや、コロナに浮かぶ光速電子の雲などを発見することができた。

1981年4月27日に出現した太陽フレア硬X線像。「ひのとり」に搭載したSXT(すだれコリメータ望遠鏡)は、14〜48keVのエネルギー領域でこのX線フレアの2次元像を観測した。左図に2つのリニア・スキャンによるX線プロフィルを示してある。X線源の位置は卵形で示されている。背景となっている絵は中国の紫金山天文台によってX線フレアの約30分後に観測されたもの。

1981年5月13日の太陽フレアのコロナX線像(14〜28keV)に磁場構造を重ねたもの。観測は「ひのとり」に搭載された回転すだれコリメータによって行われたもの。硬X線源は光球の上空にある4×104kmのコロナのループ構造の頂点付近にある。