宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 宇宙科学研究本部について > 広報活動 > キャンペーン > 金星探査機PLANET-C ミッション応援キャンペーンに関する事業企画提案の公募要領

広報活動

金星探査機PLANET-C ミッション応援キャンペーンに関する事業企画提案の公募要領

※公募は6月1日をもって締め切りました。ご応募ありがとうございました。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、2010年度に打上げを予定している金星探査機PLANET-Cについて、ミッション応援キャンペーンを実施したいと考えています。これにあたり、キャンペーンをより広範かつ魅力的に展開するために、JAXAと共同でキャンペーンを実施するパートナーおよび事業企画(いずれも複数可)を公募することといたしました。

1.募集概要

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2010年度にH-IIAロケットにより金星探査機PLANET-Cを打上げることを予定しています。PLANET-Cは打上げ後約半年で金星周回軌道に入り、約2年をかけて金星の大気を調査します。また、H-IIAロケットの打上げ余剰能力を利用して、JAXAの小型ソーラー電力セイル実証機IKAROSや、大学等が開発した小型副衛星の打上げも行います。

金星は、日本では古来「明けの明星」、「宵の明星」などと呼ばれ、一番星として親しまれてきました。西洋では美の女神Venusにたとえられています。金星は地球に最も近づく惑星であるとともに、大きさや重さも地球によく似ており、地球の兄弟星と呼ばれていますが、わずかに太陽に近かったために海を持つことができなかったと想像されています。残された大気の大部分を占める二酸化炭素の温室効果のために、現在は地球とは全く異なる灼熱の惑星となっています。また金星では、惑星自体はほとんど回転していないにもかかわらず「超回転」と呼ばれる強い東風が地表全体を取り巻いており、気象学の最大の謎とされています。

PLANET-Cは、この風変わりな金星の気象を調査することで、惑星の環境が作られるしくみを理解し、ひいては地球の気象の理解も深めることを目指しています。

JAXAでは、国内外に広く呼びかけて名前やメッセージなどを集め、それをアルミプレートに刻印してPLANET-Cに取り付け、それを金星周回軌道に投入することで、宇宙科学研究に関する国民の理解増進と普及啓発、日本の宇宙科学研究の国際的な認知度の増進を図ることとしました。つきましては、このPLANET-Cキャンペーンに関して、下記のとおり広く事業企画等の提案を募集いたします。なお、今回実施するのは択一・排他的な競争ではありませんので、要件を満たす複数の提案を受け付けることがあります。

【参考情報】

2.キャンペーンパートナー企業・団体等の特典

提案内容の評価に応じて、パートナー企業・団体等に対して、以下の特典を提供します。

  1. 金星探査機PLANET-Cへのアルミプレートの搭載
    • パートナーが準備したアルミプレートをPLANET-Cに搭載し、金星に届けます。
    • アルミプレートは、カウンターウェイトとして搭載予定の80mm×120mmのものに文字や画像等をエッチングなどで転記するものとし、2010年2月に予定されている衛星への取り付けに間に合うように1月末までにJAXA相模原キャンパスに納品してください。
    • 刻印可能人数は縮小率によって変わりますが、火星探査機「のぞみ」の実績から考えると、80mm×120mmのプレート1枚には10万人分を載せられます。過去に100万人を超えたことはありませんが、10枚を100万人に割り当てて残りをメッセージボードなど別の用途に使うということもできます。
    • 十分な容量(合計100枚)を用意していますが、エントリーが多く、容量を超えるような場合には、先着を優先しつつ調整を行います。
  2. 「キャンペーンパートナー」の公称権

3.提出内容

十分な実現可能性を伴うキャンペーン事業について、下記を含む企画提案書を作成のうえ、15部提出してください。

  1. PLANET-Cキャンペーン事業内容(実施計画含む)
    • JAXAが国内外の賛同者の名前を集めるためのホームページやサーバー、事務局機能等の構築計画も含めてください。
    • メッセージ掲出などの付加価値をつけて販売促進などの営利目的に利用することもできますが、一般の賛同者がインターネット等で応募できる余地があることが必須です。
    • 単なるアイディアの提案でなく、実施可能な提案としてください。
    • 愛称募集は別途行う予定ですが、本企画提案に含めることもできます。
    • 打上げ前、打上げ当日、打上げ後と3期間に分けた事業展開としてください。キャンペーン期間は原則として打上げ後1年までとなります。
    • 一企業・団体単独でのキャンペーン参画以外で、参画する企業・団体が複数社ある場合は、その企業名・団体名も明記してください。
    • 参画企業の競合排他はできません。
    • 宇宙科学振興のための基金等への貢献を含む場合にはその旨を明記してください。
  2. キャンペーンで期待される効果
    • 一連のキャンペーンを通して得られる定量的な効果があれば、明記してください。
  3. 提案企業・団体等の概要が分かる資料
  4. なお、必須ではありませんが、以下の提案を行うこともできます。PLANET-Cキャンペーン自体の採否には影響しません。

  5. PLANET-C愛称募集キャンペーン事業内容(オプション)
    • PLANET-Cの愛称を募集するためのキャンペーンを提案することもできます。
  6. IKAROSキャンペーン事業内容(オプション)
    • 小型ソーラー電力セイル実証機IKAROSへのネームプレートの搭載についても同様の提案を行うことができます。文字は27mm×27mm×0.2mmのアルミプレート210枚にエッチングなどで転記するものとし、PLANET-C同様に2010年2月に予定されている衛星への取り付けに間に合うように1月末までにJAXA相模原キャンパスに納品してください。ネームプレートはIKAROSの4隅に取り付けられた先端マス(膜を引っ張るオモリ)に搭載します。

4.提出期限

平成21年6月1日(月)12:00(必着)

5.お問い合わせ及び資料提出先

本公募に関する問い合わせ及び資料提出については、下記までお願いいたします。

〒229-8510 神奈川県相模原市由野台3-1-1
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 対外協力室
PLANET-C キャンペーン係(担当:阪本)
電話:090-5551-1714 メール:sakamoto.seiichi◎jaxa.jp

6.選定のプロセス

選定にあたっては、最初に、提出された企画提案書等の予備審査(書面のみ)を行ったうえで、平成21年6月上旬に開催予定の事業企画選定委員会において、提出された企画提案等に基づき、各社から30分程度のプレゼンテーション(質疑応答込み)を実施していただきます。審査の結果、採択企業・団体等を選定し、覚書を締結、その後、提案事業を実施します。

なお、予備審査の結果、プレゼンテーションの開催日時・場所及び選定委員会での結果については、個別に提案者側に連絡します。

7.公募参加資格

提案する者は、原則として、物品の製造・買入・売り払い、役務提供等における国の統一参加資格(「全省庁統一資格」)を取得していることが必要となります。ただし、急を要する場合等これによりがたい場合は、直接、担当者等にご相談ください。

また、有資格者であっても、契約を締結する能力を有しない者及び破産者で復権を得ない者、事故又は贈収賄等社会通念上好ましくない事案を引き起こし、機構の規定に従って競争参加資格の停止処分を受けている者などに該当すると認められるときは、公募へ参加できないことがあります。詳細については、下記をご参照ください。

8.審査基準など

提出された企画から実現性の高い提案から、主として下記基準をもって選定します。下記項目は、あくまでも参考であり、総合評価をもって選定します。

  • 不特定多数の国民に対して、親しみやすく、浸透しやすく、広く共感を得られる事業かどうか。
  • 不特定多数の国民に対して、H-IIAロケットとPLANET-Cの認知向上に資する事業かどうか。また、宇宙の研究開発の重要性を国民と共有できる事業かどうか。
  • 日本の宇宙研究開発の国際的な認知度を高めることができる事業かどうか。

なお、提出された全企画提案が基準に満たない場合は、不調として採用しないこともあります。

9.本キャンペーンに協賛するうえでの条件、留意点など

  1. 公序良俗に反しない、JAXAの事業遂行上の信用を損ねないことを前提として、国民の理解増進、普及啓発に資する提案事業を一定期間にわたり、確実に遂行してください。
  2. 提案者とJAXAとの間に金銭の授受は発生しません。
  3. 提案内容の実施に係る経費は、原則的に提案者側の負担となります。
  4. 国内外の一般の人が無償で参加できるオプションは必ず残してください。
  5. 提案者と合議のうえ、提案されたパッケージの一部のみを採択することがあります。
  6. 提案者と合議のうえ、排他的でない他の提案を追加することがあります。
  7. 採択後にJAXAと合議のうえで事業内容を修正・追加することはできます。
  8. キャンペーン終了後、その効果を定量的に測定し、成果を取りまとめてください。
  9. ロケット及び搭載衛星の打上げ延期、中止、失敗等により、やむを得ず事業内容が変更ないし中止される場合があります。その際にもJAXAはキャンペーン事業の変更及び中止による責任を負いません。

以上