宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 宇宙科学研究所について > 教育職 職員一覧 > 松浦 周二

教育職 職員一覧

松浦 周二 MATSUURA Shuji 客員教授
生年 1965年
学位 博士(理学)(名古屋大学、1995年)
専門分野 赤外線天文学、観測的宇宙論
研究テーマ
・課題

宇宙赤外線背景放射の観測による初期宇宙の研究
・宇宙最初の星形成と重元素生成の物理
・初代ブラックホールと原始赤外線銀河の進化
・初期宇宙の素粒子崩壊による光子の謎

太陽系および銀河系からの拡散放射の観測
・太陽系内ダストの分布と組成、原始太陽系の形成
・太陽系外縁や銀河ハローに付随する暗黒物質
・未知の星間および銀河間物質の探査と光放射過程

上記を実現するための研究
・「あかり」などの衛星データ解析
・宇宙赤外線背景放射観測のロケット実験
・将来の探査機計画
・赤外観測装置の開発と実験
・より高度な観測のための新技術開発

詳しくは、下記のWebをご覧ください。
新しいウィンドウが開きます http://www.ir.isas.jaxa.jp/~matsuura/darkage/index_da.html

自己紹介

研究についてひと言:
ロケットや衛星を使った赤外線観測で、宇宙の始まりと現在までの歴史を追いかけています。学生や若手研究者達と一緒にすすめている小さなロケット実験は、打上げのたびにわくわくして楽しいものです。将来の探査計画も視野にいれ、今後さらにグレードアップした宇宙赤外線背景放射の実験を進めてゆきます。
世界をあっと言わせる結果がでることを期待してください。
一緒にデータ解析や実験をやりたい方の参加も歓迎します。

経歴:
1995年 文部省宇宙科学研究所COE研究員
1995-1997年 新技術事業団科学技術特別研究員(旧郵政省通信総合研究所)
1997-1999年 米国カリフォルニア工科大学研究員
1999年 旧文部省宇宙科学研究所助手 現在に至る

主な著書、解説:
Terahertz Optoelectronics(共著、Springer)
テラヘルツテクノロジー(共著、NTS)
宇宙天文大辞典(分筆、地人書館)
テラヘルツ技術総覧(共著、NGT)
O plus E, 新年号 22 (2000) p.34-40
ISASニュース, 338 (2009) p.8、353 (2010) p.8
パリティ「あかり特集」2010年5月号 など

趣味、家族構成:
趣味は、コーヒー豆挽きと皿洗い。
愛妻と昨年生まれた息子との3人暮らし。