宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 宇宙科学研究所について > 相模原キャンパスと関連研究施設 > 臼田宇宙空間観測所

臼田宇宙空間観測所

概要

臼田宇宙空間観測所は、追跡ネットワーク技術センターに統合となった施設です。

本施設は、惑星や彗星のような天体に接近して観測を行う深宇宙探査機に向けて動作指令を送信したり、探査機からの観測データを受信するために建設されました。超遠距離にある探査機からの微弱な信号を受けるため、都市雑音などの妨害電波が少いこの地が選ばれ、1984年10月から運用しています。施設の中核をなす大型パラボラアンテナは、直径64mの反射鏡を有し、総重量 は1980tです。宇宙探査機との交信はS帯(2GHz)とX帯(送信:7GHz帯、受信:8GHz帯)で行われています。同様の目的を持つ口径64m以上の超大型アンテナは、米国(NASA)およびロシアが保有しているのみです。当観測所は、深宇宙探査の窓口の一つとして、世界から期待を集めています。

また、電波天文衛星「はるか」からのVLBI(超長基線干渉計)観測データの取得を目的とした、10mアンテナを含むKu帯(15GHz)の送受信システムも設置されています。

位置: 東経138°21′54″北緯36°07′44″ 標高1,456m
敷地面積: 98,302m2

所在地

〒384-0306
長野県佐久市上小田切字大曲1831-6
TEL : 0267-81-1230
FAX : 0267-81-1234

見学案内

開館時間: 10:00〜16:00
休館日: 原則年中無休
見学のお申し込み・お問い合わせ:
TEL:0267-81-1230
FAX:0267-81-1234

※無料駐車場完備
※車椅子、ベビーカーでも入場可能です。(車椅子貸出あり)