宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 宇宙科学研究所について > 相模原キャンパスと関連研究施設 > 能代ロケット実験場

能代ロケット実験場

概要

能代ロケット実験場は、1962(昭和37)年東京大学生産技術研究所(現在のJAXA宇宙科学研究所)の付属研究施設の一つとして開設されました。
開設と同時に、科学衛星および宇宙探査機の打上げに使われるM型ロケットや観測ロケットのロケットモータの開発を行うための各種の地上燃焼試験を行ってきました。
宇宙研では1975年から液体酸素と液体水素を推進剤としたロケットの開発や、1988年からは世界に先駆けて高性能のエアーターボラムジェット(ATR)エンジンの研究開発を行ってきましたが、この実験場では、エンジンの飛翔実験に先立って地上で性能を確認するための試験などを行っています。ATRエンジンは、将来の完全再使用型宇宙輸送機に用いられるもので、飛行中に大気中の空気を吸い込み酸化剤として利用していることから、ロケットのように大量の酸化剤を持って飛行する必要がなく、その分多くのペイロードを輸送することができます。
固体推進剤ロケットのための試験設備の他に、こうした将来型の高性能エンジンの研究開発に必要な各種の試験設備も設けられています。

所在地

〒016-0179
秋田県能代市浅内字下西山1
TEL : 0185-52-7123
FAX : 0185-54-3189

見学案内

開館時間: 9:00〜16:00(要予約)
休館日: 土・日・祝祭日・年末年始・8月12日〜8月15日
見学のお申し込み・お問い合わせ:
TEL:0185-52-7123