宇宙科学談話会

ISAS Space Science Colloquium & Space Science Seminar

FY2017

ENGLISH

The JEM-EUSO program: Study of Ultra-High Energy Cosmic Rays and atmospheric events from Balloon and International Space Station

Marco Casolino
理化学研究所

In this colloquium we will discuss the status and perspectives of the JEM-EUSO missions, carried forth by a collaboration of about 300 researchers from 16 countries, to study Ultra-High Energy comic rays, strange quark matter and terrestrial phenomena with balloon- and space-borne detectors.In particular we will discuss the recent EUSO-SPB (Super Pressure Balloon) flight. Launch took place from Wanaka, New Zealand, in April 2017. EUSO-SPB is the second balloon flight (the first one was from Canada in 2014) using Fresnel lens optics (manufactured in Riken) and Multi-Anode Photomultipliers in the focal surface. We will also discuss the MINI-EUSO mission, to be launched on board the International Space Station (ISS) in beginning 2018. MINI-EUSO is a 25cm diameter, Fresnel lens optics using a similar Focal surface to the one of SPB. It will observe the Earth from the UV-transparent window of the Russian Service module. Its main goals are the search of strange quark matter, study of meteors, Transient Luminous Effects occurring in the upper layers of the atmosphere and seach for E>5e20 eV UHECR events. Future work for a second SPB flight and the construction of K-EUSO, the first large area space UHECR observatory will also be addressed.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Studying the Early Universe with NASA's JWST(仮題)

Alberto Conti
Northrop Grumman

Place: Shin-A 2F Conf room A (1257) / 新A棟2階会議室A (1257号室)

※開催曜日が通常と異なっています。ご注意ください。

日本語

宇宙と生命科学

浅島 誠
東京理科大学

36億年前に地球上に生命が誕生して以来、地球上の生物は多かれ少なかれ、重力、放射線、光などの影響を受けてきて、現存している。しかしながら多種多様な生き物の環境に適応、調整する能力は、すさまじく、時々我々の想像を超えている。そのような生物のもつ魅力と美しさとナチュラル・ヒストリーを俯瞰する。そのような生物を宇宙にもっていったらどのようになるのか。いくつかのトピックスを紹介しながら話してみたい。人はもっと自然を知り、生き物に学ばなければならない。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

宇宙での生命の起原と有機物微生物探査:たんぽぽ

山岸 明彦
東京薬科大学

たんぽぽ実験は2007年国際宇宙ステーション曝露部第二期共同利用実験として採択され、2015年4月打上、5月に装置の曝露を開始した。装置は2016年9月に帰還し解析を進めている。たんぽぽ実験では、生命の起原に関わる二つの仮説「パンスペルミア仮説」と「有機物宇宙飛来仮説」を検証する。生命の起原の前に、有機物が地上に濃集したと想像されているが、有機物の起原は明らかではない。惑星間塵に有機物が含まれ、多量に地上に来たのではないかという仮説をたんぽぽ実験で検証する。
さて、生命の起原は地球であると多くの研究者が無意識に思いこんでいるが、生命の起原の場所は確定していいない。1903年Arrheniusは生命が惑星間を移動するという仮説を提唱し、パンスペルミア仮説と呼ばれている。たんぽぽ実験ではこの仮説も検証する。
たんぽぽ実験では捕集パネルと曝露パネルの二つの装置を用いている。捕集パネルには超低密度エアロゲルをアルミケースに収納して超高速衝突微粒子を捕集した。0.1mm以上の衝突痕を50以上検出し、その内の大きい物を研究者に配付、解析中である。曝露実験では、装置1年間曝露後、微生物の生存と有機物の残存が確認された。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Development of Hyper Suprime-Cam and a search for clusters of galaxies via weak lensing (Hyper Suprime-Cam の開発と弱重力レンズ効果を利用した銀河団探査)

宮崎 聡
国立天文台

Hyper Suprime-Cam (HSC) is an 870 Megapixel prime focus optical imaging camera for the 8.2 m Subaru telescope. The wide field corrector delivers sharp images of 0.2 arcsec FWHM in the HSC-i band over the entire 1.5 degree diameter field of view. The collimation of the camera with respect to the optical axis of the primary mirror is done with hexapod actuators whose mechanical accuracy is few microns.
Analysis of the remaining wavefront error in off-focus stellar images reveals that the collimation of the optical components meets design specifications. While we observe the effect of flexure of the mechanical components, the impact on image qualities is limited. As a result, the camera realizes seeing-limited imaging on Mauna Kea most of the time; the median image size at the field center measured on several years of a coordinated legacy survey observation is 0.56 arc-sec FWHM in the i-band. In this talk, we will present the development of the camera and some initial results on the dark matter mapping via weak gravitational lensing.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Observational Studies of Galaxy Formation and Cosmic Reionization: Progresses and Problems (銀河形成と宇宙再電離:現状と課題)

大内 正己
東京大学 宇宙線研究所

I review the recent progresses in observational studies about galaxy formation and cosmic reionization, focusing on results from our group. Nowadays, deep optical and near-infrared observations with Hubble Space Telescope and 10m-class ground-based telescopes photometrically identify and spectroscopically confirm galaxies up to z~10. Evolution of major galaxy quantities (incl. abundance and morphology) is revealed at this redshift range. Although there exist large uncertainties in physical parameters, most of observational results suggest that star-forming galaxies at z>6 are major sources of cosmic reionization. Interestingly, the four independent observational measurements of the cosmic star-formation rate density, stellar mass density, metal abundance, and CMB Thomson scattering optical depth are consistently explained with simple physical equations, indicating that a rough observational picture of galaxy formation and cosmic reionization may be established. I finally discuss open questions about galaxy formation and our planned observations with next generation telescopes, especially with James Webb Space Telescope.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

インフレーション理論と原始重力波観測

藤田 智弘
京都大学

次世代の宇宙背景放射(CMB)偏光観測計画であるLiteBIRD衛星を念頭に、インフレーション理論と原始重力波について発表する。インフレーション理論は重力波の生成を予言しており、LiteBIRDはCMB偏光を通じてそのような原始重力波を観測することを目指している。発表の前半では原始重力波の生成機構を、一般相対性理論と場の量子論の知識を前提とせず、分かりやすく解説する。この機構には「重力場の量子化」も関わっているため、原始重力波の観測自体が基礎物理の根幹に関わる重要性を持つことをお伝えしたい。発表の後半では、近年盛んに研究されている、原始重力波を通じてインフレーション中の物質場を探るアプローチについて議論する。どのような物質場の運動がインフレーション中に顕著になったのかはまだ全然分かっていないが、重力波のスペクトル・偏光・非ガウス性等の性質を詳しく見ることで、様々な情報が引き出せることが期待されている。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

EXPLORING GIANT PLANETS SYSTEMS ~From SATURN TO JUPITER... AND BEYOND!~

Michel Blanc
International Space Science Institute, Beijing

土星探査機Cassiniが9・15に土星大気に突入してグランド・フィナー レを迎えたことは記憶に新しいですが、Michel Blanc 氏は、その interdisciplinary scientistsを務めてこられました。また、今ではJUICEという形で結実した企画のオリジナル版であるLAPLACEの創設者団のリーダーでした。Cassiniの成果(氷衛星Enceladusからのプリュームの発見、つまり、地下海のあることを証明 )が契機となってJUICEが立ち上がり、その計画の成熟とともに巨大惑星系にある氷衛星の世界への興味が高まっています。

Place: Nyusatsu/Conf.room(1134) / 研究管理棟1階入札会議室(1134号室)

日本語

「あかつき」で見えてきた金星大気の運動の姿

堀之内 武
北海道大学地球環境科学研究院/JAXA宇宙研

金星探査機「あかつき」の撮像データをもとに実施している雲追跡による研究の最新の成果を中心に発表する。我々は、過去の金星探査による研究に比べて格段に高精度で信頼性の高い雲追跡を行うことができている。これにより、これまで知られていなかった金星大気の運動の様相が続々と明らになりつつある。また、よりよく「見える」ことで新たな問題・課題も浮き彫りになりつつある。金星大気の大きな特徴として注目される「スーパーローテーション」や、雲追跡以外による「あかつき」の研究成果から得られる示唆についても議論する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Science of Shadows

Thomas Zurbuchen
Space Science Directorate, NASA

From studying the solar corona to providing precise measurements of the orbit of an object in deep space, scientists continue to develop new uses for eclipses nearly every year. And with the recent total solar eclipse across the United States, scientists and non-scientists alike have been captivated by the knowledge gained when one astronomical body passes in front of another. However, eclipses are not unique to Earth, the Moon and the Sun; similar phenomena, called transits or occultations, occur between different stars, planets and moons. On occasion, these events can be seen from Earth (with the help of telescopes and other instruments) or by satellites. During this talk, we will first review the 2017 total solar eclipse through the eyes of NASA. We will then discuss how eclipse-like events are being used to study bodies within our solar system as well as discover worlds beyond.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

※開催曜日が通常と異なっています。ご注意ください。

日本語

大型大気レーダー国際共同観測で探る気候のテレコネクション

佐藤 薫
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻

PANSYレーダーは2011年に昭和基地に設置された南極初の大型大気レーダーです。2015年3月にフルシステム観測に成功し、2015年10月から2016年9月の丸1年間にほぼノンストップの対流圏・成層圏・中間圏の観測という、中低緯度を含めてもハイパワーの大型大気レーダーとしては前代未聞の連続観測を達成しました。PANSYレーダーによる高精度高分解能な風の鉛直プロファイルの連続データの解析からわかってきた、中間圏重力波に伴う鉛直運動量フラックスの広帯域のスペクトルや、成層圏の慣性重力波等に関する最新研究成果、および、期間中に含まれていた国際共同観測の内容について、「気候のテレコネクション」という視点でご紹介します。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

筋維持・萎縮機構の研究:宇宙から学ぶこと

瀬原 敦子
京都大学ウイルス・再生医科学研究所

筋発生・筋再生を研究しているうちに、筋萎縮とは何か、ということを考え始めた。手足のない魚の骨格筋も無重力環境では萎縮するのだろうか、と。
運動しないと骨格筋は著しく萎縮するが、それは可逆的なものである。一方、筋ジストロフィーのように骨格筋自身に原因のある疾病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)のように骨格筋を支配する神経系に原因のある疾病、あるいは加齢・癌などの疾病に伴って筋肉量・機能が低下するサルコペニアは、不可逆な筋萎縮とされ、これらの萎縮機構の解明と、その早急な解決が求められている。宇宙飛行士の筋萎縮から、重力もまた、骨格筋維持に重要な要因であることが示され、以来骨格筋萎縮は長期宇宙滞在において解決すべき大きな課題のひとつとなっている。微重力による筋萎縮は、地上での廃用性萎縮と同様に回復可能で可逆的と考えられているが、実は未解明なところが多い。
私は、これまで細胞間シグナリングや細胞間接着のプロテアーゼ制御から発生を研究してきた。その視点で骨格筋を捉える時、神経支配を受け、血管網が走り、腱を介して骨とつながる臓器の再生や萎縮のメカニズムの中で、それらの関わりについての知見が乏しいことがわかる。筋再生や宇宙滞在による筋萎縮機構をそのような観点から解明したい、私達の研究を紹介したい。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Strategic Priority Program of CAS on Space Science

WU Ji
National Space Science Center (NSSC), the Chinese Academy of Sciences

Since 1970, China launched its first satellite, there have been more than 100 satellites launched. Among them few are space science missions. The situation has been changed since 2000, particularly in recent years. In the lecture, China's past, present and future space science missions will be given detailed introductions. Namely the Double Star Program, the Dark Matter Explorer, the Microgravity and life science recoverable satellite mission, the Quantum Experiments in Space Scale and Hard X ray Modulation Telescope, etc. At the same time, the management procedure of the missions, from its proposal till the operation will be also introduced.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

※開催曜日が通常と異なっています。ご注意ください。

日本語

宇宙建築

十亀 昭人
東海大学工学部

宇宙建築という分野の概要について、これまで3年にわたって開催してきた宇宙建築賞というコンペティションや、その他の研究紹介、また、宇宙建築の研究のなかで生まれた地上建築物へのスピンオフ技術の紹介を通して説明します。宇宙建築賞は、将来の宇宙居住のために、建築的なアイデアを募り、これまでにない宇宙建築の提案を行ってもらうという趣旨で、3年前より、山崎直子さんや、川口淳一郎 先生など多くの方々にご協力を頂きながら開催してきました。ここではその入選作品をご紹介します。また、これまでに研究を行ってきた3次元展開構造物の概要について説明し、将来の月面施設計画などへの応用例などについてご紹介します。更に、宇宙建築の要素を取り込んだ神奈川県に建つ地上の住宅建築についてもご紹介します。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

NASA's MAVEN Mission to Mars:Discoveries from the Imaging Ultraviolet Spectrograph

Nick Schneider
Laboratory for Atmospheric & Space Physics, U. Colorado

The Imaging UltraViolet Spectrograph (IUVS) is the sole planetary remote sensing instrument on the Mars Atmosphere and Volatile Evolution mission(MAVEN). Although many past Mars missions have carried UV spectrographs, IUVS has many new and unique capabilities which have enabled unexpected discoveries. New insights span every region of the Mars atmosphere, from polar ozone near the surface to escaping hydrogen many planetary radii away. In between, IUVS offers new insights on cloud formation, meteor ablation, nightglow, waves & tides, Mars D/H and long-term atmospheric evolution. One of the most profound sets of discoveries relates to auroral processes on Mars. Aurora were expected to differ from Earth's due to Mars' lack of a global magnetic field, but surprising IUVS results are offering a new paradigm for stellar influences on non-magnetized planets. This paradigm shift could have implications beyond the solar system for billions of extrasolar planets which may or may not have global magnetic fields.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

※開催曜日が通常と異なっています。ご注意ください。

ENGLISH

Finding patterns in planets

Elizabeth Tasker
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所

In the last twenty years, we have discovered around 3,500 exoplanets. As new missions threaten to explode that number to even greater proportions, the challenge becomes how we analyse this data. Neural networks offer a potential way to find patterns within the exoplanet properties that allow planets to be categorised more successfully that can be done by eye. Such a technique has the advantage of handling large datasets and also the potential to analysis the data without using preconceived ideas about planet populations based on existing formation theories. This talk will discuss how successful such an approach has been.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

新しい衝撃応答制御の研究

原 進
名古屋大学大学院工学研究科

今後の月惑星探査においては、斜面や段差であろうが降りたいポイントに確実に降りられる着陸機構が必須となる。この達成のために講演者が宇宙科学研究所と共同で研究してきた新しい原理による着陸機構(モーメント交換型ならびにエネルギー交換型)の研究例について紹介する。また、探査機以外の一般的な機械構造物の衝撃応答制御への応用の見通しについても触れる。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

The Power of High Resolution X-ray spectroscopy

Ehud Behar
Physics Department, Israel Institute of Technology

The talk will provide an overview of atomic spectroscopy methods for astrophysics and the multitude of physical diagnostics that can be achieved.
Recent results from Chandra and XMM-Newton grating spectrometers and prospects for X-ray Astronomy Recovery Mission will also be presented.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

※開催曜日が通常と異なっています。ご注意ください。

日本語

Square Kilometre Array (SKA) 計画の紹介

赤堀 卓也
鹿児島大学大学院理工学研究科

2020年代の大型望遠鏡時代にセンチ波・メートル波の観測を担う電波望遠鏡の計画 SKA (Square Kilometer Array) の計画の概要と日本における検討の現状を報告する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

※開催時刻が通常と異なっています。ご注意ください。

ENGLISH

CNES, its program and its transformation

Lionel SUCHET
CNES (the Centre National d'Etudes Spatiales)

CNES, the French Space Agency was created 56 years ago in 1961 for two main purposes: to propose the Space French Policy to the French Government and to implement this policy and relative programmes in all fields of Space activities. Thus, from the very beginning CNES has developed two different and complementary roles: agency and technical centre. This is still the case but of course everything has evolved a lot from 1961. This evolution seems to accelerate now with what is called the "New Space".
After the presentation of CNES, its four centres, its budget, its programmes and the way to manage them, the presentation will focus on the evolutions needed for "historical" Space agencies and the way CNES decided to manage these changes in taking into account new applications of space data, in changing the positioning of the Agency in the overall French space ecosystem in order to better prepare the future, run our programmes and work differently with industry.

Place: Shin-A 2F Conf room A (1257) / 新A棟2階会議室A (1257号室)

ENGLISH

Black hole feedback and chemical enrichment in clusters of galaxies

Norbert Werner
Eotvos University Budapest

In the course of structure formation, only a small fraction of the baryons turned into stars - most remain in a diffuse hot intergalactic medium. The growth and evolution of galaxies is controlled by feedback processes, such as energy and metal input to the IGM from supernovae, and from the jets and winds of accreting supermassive black holes. I will start my talk by presenting observational results on the role of supermassive black holes in maintaining a delicate balance between heating and cooling in clusters of galaxies. I will present measurements from the Hitomi satellite, which show that the jets emanating from the central supermassive black hole are stirring the hot intra-cluster medium. Then, I will show the results of X-ray and other multi-wavelength observations for ~30 nearby giant elliptical galaxies, and discuss how is the black hole feedback cycle maintained, suppressing star formation and keeping these galaxies 'red and dead'. Finally, I will zoom out and present Suzaku measurements of a uniform metal abundance distribution in the cluster outskirts, which indicates that supermassive black holes played an important role in the distant past.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

※開催曜日が通常と異なっています。ご注意ください。

ENGLISH

Team HAKUTO, a Challenger to Google Lunar XPRIZE

吉田 和哉
東北大学

Google Lunar XPRIZE is a world-wide competition to send a probe onto the surface of the Moon, then get more than 500m travel and send HDTV quality images/video clips back to the Earth, by a non-government project. Team HAKUTO is an only team challenging to this competition and currently one of five finalists. The team's technology is provided from Prof. Kazuya Yoshida at Tohoku University, while the management and fundraising activities are conducted by a start-up company, ispace technology inc.
In this talk, the technology development for the mobile robot of team HAKUTO, named "SORATO," is elaborated from the engineering aspect.In addition, future vision on Lunar exploration beyond the XPRIZE is addressed.

Place: Nyusatsu/Conf.room(1134)/ A棟1階入札・会議室(1134号室)

※開催場所が変更されています。ご注意下さい。

日本語

変化の先頭に立つ輸送系開発研究の提案 〜本音は、安くすることばかりでなく、どうやったら面白くなるかを考えたいと思っているんです〜

徳留 真一郎
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所

変化の先頭に立つために、宇宙研の価値観や強みを活かして取り組むべき輸送系開発研究の試案について述べたい。飛翔体研究の最終目標として、再使用型SSTO(Single Stage To Orbit)システムを目指す道筋について、具体的な研究テーマも織り交ぜながら提案する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

宇宙科学分野における多目的設計最適化の活用事例紹介

大山 聖
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所、東京大学

宇宙科学分野で直面する設計問題は設計目的が2つ以上ある多目的設計最適化問題であることが多い。本講演では、多目的設計最適化手法について説明し、H-IIIロケットのターボマシン設計、DESTINYの軌道設計、月着陸地点検討への活用事例を紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

世界で起きている宇宙システム開発の流れ ~ImPACTプログラム「オンデマンド即時観測が可能な小型合成開口レーダ衛星システム」での狙い~

白坂 成功
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科

宇宙システム開発の流れが大きくかわってきてる。本発表では、最新の宇宙システム開発の流れを振り返った上で、ImPACTプログラム「オンデマンド即時観測が可能な小型合成開口レーダ衛星システム」での狙いと概要を紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

火星に人間が行くということ

村上 祐資
Mars160 Executive Officer, The Mars Society

2016年に、米ユタ州の「地球にある火星」(MDRS)で行われた長期火星模擬実験生活「Mars160」ミッション。今年6月からは北極の「地球にある火星」(FMARS)でミッションの後半戦が始まる。副隊長として感じたこと、体験したことを、2008-10年に参加した南極観測越冬隊での経験と重ね合わせながら紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Ion Beam Deflection of Asteroids: From Planetary Protection to Asteroid Science

Claudio Bombardelli
Universidad Politécnica de Madrid

イオン・ビーム・シェパードは、イオンビームの照射により小惑星軌道を精密かつ効率的に制御する方法である。加えて、この手法では、イオンスパッタリングによって放出された二次イオンの質量分析法が可能になるため、宇宙科学の観点でも魅力がある。本講演ではイオン・ビーム・シェパードのコンセプトについて述べたうえで、プラネタリー・ディフェンスや宇宙科学への応用例を紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

超ひも理論の最前線:宇宙は量子ビットから創られているのか?

高柳 匡
京都大学 基礎物理学研究所

ブラックホールの考察から発見された「ホログラフィー原理」は「重力の物理学」と「物質の物理学」を結びつける。この分野の最近の進展によって「宇宙が無数の量子ビットが集まったもの」という新しい描像が得られつつある。最新の超ひも理論の話題を紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Enabling Humanity's First Interstellar Missions

Philip M. Lubin
Physics Dept, University of California, Santa Barbara

スターショット計画に代表されるように、レーザー光の照射により亜光速の宇宙航行を実現する可能性が議論されている。本講演では、亜光速航行の一般論および我々のプロトタイプ実験について紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

オープンプラットフォームで手軽に拓く高信頼・高度集積化半導体素子

三田 吉郎
東京大学大学院工学系研究科

微細加工「オープンプラットフォーム」と相乗り集積回路試作によって、研究者が手軽に高信頼の新規機能半導体素子(例「60Vを発生する 高信頼集積化シリコン太陽電池」)を作れる時代が到来しました。講演 ではその秘密を探ります。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Imaging Super-Massive Black Hole with International Millimeter -Wave VLBI Observations

本間 希樹
国立天文台水沢VLBI観測所

The Event Horizon Telescope (EHT) is a global mm/sub-mm VLBI array to directly observe the shadow of super-massive black holes. The EHT has been promoted by world-wide collaboration, and in April 2017 the first EHT observations including ALMA will be conducted with an expectation that structures in the vicinity of the event horizons will be revealed particularly toward the target sources Sgr A* and M87. In this talk, I will summarize the current status of EHT and also science results obtained so far. Also, I will introduce our new imaging technic based-on "sparse modeling", which aims at obtaining better resolution in imaging black holes, and discuss the future prospect of the science with the EHT.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Understanding the dynamics and energetics of magnetic reconnection in a laboratory plasma

Masaaki Yamada
Princeton Plasma Physics laboratory, Princeton University

Magnetic reconnection is a fundamental process at work in laboratory, space and astrophysical plasmas, in which magnetic field lines change their topology and convert magnetic energy to plasma particles by acceleration and heating. I will present a short review of recent discoveries and findings in the research of fast magnetic reconnection in laboratory, space, and astrophysical plasmas.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

ENGLISH

Microlensing exoplanet search toward the solar system analog

Takahiro Sumi
Osaka University

Although thousands of exoplanets have been found by various methods, not many solar system planets analogs have been detected. Some Jupiter and Saturn analogs and a few Earth-like plants have been found only very recently. Gravitational microlensing has an unique sensitivity to exoplanets outside the snow-line down to the Earth-mass, where the planetary formation is very active. The MOA-II and OGLE-IV carries out microlensing exoplanet search toward the Galactic Bulge in New Zealand and Chile, respectively. These surveys are detecting various kinds of systems, including the Jupiter-Saturn analog, the Neptune analog and the 2-Earth mass planet at 1AU around one of the binary stars. The Wide Field Infrared Survey Telescope (WFIRST) is the NASA's future large space mission, which is scheduled to be launched in 2024. The exoplanet microlensing program is one of the primary science of WFIRST. WFIRST will find about 3000 bound planets and 2000 unbound planets by the high precision continuous survey with 15 min. cadence, which is sensitive to all the solar system analogs except the Mercury. WFIRST can complete the statistical census of planetary systems in the Galaxy, from the outer habitable zone to the outside of the snow-line and gravitationally unbound planets ? a discovery space inaccessible to other exoplanet detection techniques.

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)

日本語

小規模飛行環境実験による宇宙工学研究のロバスト化

永田 晴紀
北海道大学大学院工学研究院

工学研究では野心的挑戦と信頼性確保のバランスが重要であり、宇宙工学研究でも例外ではない。リソースを必要としない小規模な活動の中で野心的、挑戦的な研究が行われるのが一般的であるが、ロケットを用いる飛行環境実験においては、安全管理に一定の費用を必要とするため、小規模化に限界が有った。この課題を解決するため、当研究室では、推進剤に火薬類や危険物を用いず、安全管理費用を大幅に削減することで、飛行環境実験の更なる小規模化に道を拓いた。本講演では、無火薬式小型ロケットである「CAMUI型ハイブリッドロケット」の開発の現状と、小規模飛行環境実験の過去の事例および今後の計画等を紹介する。

Place: 2F Conf. room / 研究管理棟2階会議場(1236号室)