教育方針・求める人材

  • HOME
  • 進学情報:教育方針・求める人材

専攻の基本方針

宇宙科学専攻は、宇宙物理学、太陽系科学または宇宙工学に関する理論研究、観測データの解析または機器開発の実践を通じた分野横断的教育研究を行い、高い専門性と広い視野のほか国際的通用性を兼ね備えた将来の宇宙科学および関連技術を担う研究者や宇宙航空分野全体の開発利用を支える人材の養成を目的としています。

求める学生像

宇宙飛翔体を用いた宇宙理学または宇宙技術の研究・開発を行う宇宙工学について強い関心を持ち、課題解決に必要な基礎学力、論理構成力、応用力、そして国際的研究環境において主体性を持って協働し学ぶ上で必要なコミュニケーション力を有する学生を求めます。

入学者選抜の基本的な考え方

書類選考(英語試験を含む)、筆記試験(数学・物理)及び面接(ただし3年次編入学の場合は、書類選考(英語試験を含む)および面接)の各々の評価結果に基づいて総合的に判断し、合否決定を行います。特に以下の点に留意します。