特色ある教育環境

  • HOME
  • 専攻案内:特色ある教育環境

総研大宇宙科学専攻は、他の大学等にはない、充実した教育・研究環境を提供します。意欲ある学生が、研究者として大きく飛躍できる環境が整っています。

1. 宇宙科学の最先端で学ぶ

宇宙科学専攻の母体であるJAXA宇宙科学研究所は、国内外の大学・研究機関と協力して、最先端の宇宙科学ミッションを遂行しています。宇宙科学研究所で学ぶ大学院生は、基礎技術開発、装置開発、衛星運用、データ解析、など宇宙科学の現場を経験し、宇宙ミッションの全体像を俯瞰しながら研究を進めることが出来ます。
また、毎週のように国内外のトップクラスの研究者によるセミナーが開かれ、大学院生は自由に参加し、研究者と議論することが出来ます。

2. 理学・工学協働による挑戦

宇宙科学研究所では、飛翔体を主たる手段とした宇宙探査や天文学などの理学研究を行う研究者と、宇宙機や飛翔体、観測技術の開発や、宇宙環境を利用した研究を行う工学研究者が、密接に連携して研究を進めています。宇宙科学専攻の大学院生は、自分の専門にかかわらず、理学・工学双方の教員、学生と交わり、宇宙科学に関する幅広い知識、教養を身につけることが出来ます。

3. 学生が主体的に学ぶ場

総研大では、学生が企画・提案する教育プログラムに対して支援を行う制度があり、学生が自ら学ぶ場を作り上げていくことが出来ます。これまでにもロケット打ち上げ現場での研修、プラネタリウム番組製作などが提案、実行されてきました。また、宇宙研では分野を横断した大学院生の自主セミナーも行われています。