学位(課程博士)取得までの流れ

  • HOME
  • 進学情報:学位(課程博士)取得までの流れ

詳細なスケジュール、内容については総研大HPにて確認してください。

学位(博士)取得の要件及び授与する学位

本学の5年一貫制博士課程に5年又は博士課程の後期3年の課程に3年以上在学し、所定の単位を取得し、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び試験に合格することにより、博士の学位を取得することができます。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者については短縮できる場合があります。
宇宙科学専攻にて取得できる学位は、博士(理学または工学、学位論文の内容によっては学術、英文ではDoctor of Philosophy)です。

学位取得までの流れ

標準年次 審査等
1年次 入学
2年次 「宇宙科学特別研究Ⅰ」(必修:修士論文相当※)
4年次 「宇宙科学特別研究Ⅱ」(必修:博士論文出願への進捗報告)
5年次 博士論文予備審査
5年次 博士論文本審査
※本学は修士課程を置いておらず、本学の5年の課程に入学した場合でも原則として修士の学位は授与されません。ただし、本専攻の5年の課程に入学した者のうち、本学が指定する要件を全て満たした上で退学を許可された者には、修士の学位を授与することができます。