• jaxa
  • 観測ロケット実験

Sounding Rocket Research and Operation Group

更新履歴

  1.   S-520-32号機打ち上げについて

  2. S-520-32号機飛翔実験プレスリリースについて

ROCKETS

🚀観測ロケット
JAXAの観測ロケットは固体燃料を使用したロケットで高度100㎞~1000㎞の宇宙空間を飛行しながら落下するまでの間に、各種観測や実験を行う小型飛翔体です。このロケットを利用して、超高層大気や地球周辺の科学、更に天文学などの幅広い科学観測を行っています。また新しい飛翔体システムの開発や微小重力を利用した材料科学や各種光学実験の分野でも、観測ロケットが使用されています。これらの実験では、計画立案から実験実施まで迅速な対応が可能であり、短時間で実験成果を得ることができます。現在、JAXAが使用している観測ロケットはS-310型、S-520型、SS-520型の3種類です。

  • SS-520
  • S-520
  • S-310

観測ロケットSS-520

S-520の第1段ロケットと新規開発された第2段ロケットを組合わせた2段式観測ロケットです。

観測ロケットS-520

K-9M、K-10型ロケットに替わる単段式ロケットとして宇宙科学研究所が開発しました。

観測ロケットS-310

単段式で直径310mm、打上げ時の重量約700kgで、高度約150kmに到達する能力を有しています。