宇宙科学研究所 海老沢研究室へようこそ

研究室の様子

現在、海老沢研究室のメンバーはA棟6階デスクを構えています。海老沢研究室は宇宙研のX線グループの中でもデータ解析やサイエンスに強い研究室なので、他の研究室の人から解析について聞かれることもあります。 宇宙研では、数多くのセミナー、コロキウムが開かれています。 「宇宙物理コロキウム」では、 X線、電波、赤外、太陽を中心に、宇宙研で行っているサイエンスに関連する分野で(主に若手の)研究者の方がコロキウムをしてくれます。 また、「宇宙科学談話会」では、理学工学あわせ広く宇宙科学の分野から、その分野の第一線で活躍されている方が講演をしてくれます。 どちらも基本的に毎週(不定期でお休み)開かれていますので、 オフィスにいながら最先端の研究の話を聞くことができます。 英語で講演されることも多いので、英語の勉強にもなるでしょう。

海老沢研究室の学生は、海老沢教授や辻本助教と定期的(毎週)に個別指導を行います。学生はそこで研究報告、打ち合わせをします。研究室全体では2、3週間に1度のペースでミーティングを行い、事務連絡と研究報告を行っています。論文出版などのお祝い事があれば、皆でパーティ(主に焼き肉)をしておごってもらえます。


上に戻る

典型的な1年(初年度)

1年の大まかな流れの例は、下の通りです。参考にして下さい。

4月入学!
新入生歓迎会 (だいたい焼肉)
研究開始
7月天文・天体物理若手夏の学校参加
9月日本天文学会秋季年会参加
10月そろそろ投稿論文を書き始める
12月観測提案書作成
3月論文投稿目標!

初年度に投稿論文を執筆することを目標にして、1年を過ごします。入学してすぐは計算機の使い方を学びながら、実際に観測データの解析を始めます。 X線天文学では、衛星によって取得されたデータはすべてアーカイブ化され、一定期間が経ったら誰でもアクセスできるようになっています。 そのため、アーカイブデータを基に書かれた論文が数多くあります。 ある程度研究生活に慣れてきたら、研究テーマについて話し合います。 研究テーマが決まったら、あとは目標に向かって研究をするだけです。

年間を通して、宇宙研のX線グループでは毎年ゼミが開講されるので、それに参加します (自由参加です)。だいたい週に一度あります。 現在は、天文学・天体物理学の基礎知識を学ぶためのゼミです。 研究を行う上で必要最低限必要な天文学・天体物理学の基礎的な概念や、 天体からの放射機構について学びます。 ですので、大学で天文学・天体物理学の専門的な勉強をしていなくても、 物理学の知識があれば問題はありません。 この他にも、海老沢研究室では独自で自主ゼミを開いています。 X線天文学の基礎的な教科書や、統計の教科書を輪読します。 扱う題材はその都度相談して決めますが、 その時のM1が特に勉強したいと思うテーマで行うことが多いです。

Meeting (astro) Meeting (journal) Meeting (suzaku)


夏になると、若手の研究者や大学院生が集まって研究成果を発表する「天文・天体物理若手夏の学校」に参加し、それまでの研究成果を発表します。おそらく初めての研究発表となるでしょう。天文・天体物理若手夏の学校には全国から学生が集まってくるので、他大学の知人ができるでしょう。 夏の学校をマイルストーンにして、自分が行う研究テーマについて勉強して、一通り説明ができるようにします。

秋くらいになると、実際に論文を書き始めます。きっちりとした指導のもと、論文の書き方について学びます。ここで学ぶ文章の書き方は、以降の研究生活で非常に役立ちます。9月の下旬くらいに日本天文学会の秋季年会が開催されるので、これまでの研究成果を発表します。年会は他の研究者の研究を知ることができるだけでなく、関連する研究者と議論を行い、自分の研究の理解を深めることができます。

冬になると、X線衛星の観測提案書を作成します。今までは先生などが観測したデータを解析していたと思いますが、観測提案が認められれば、人工衛星を使用して自分の観測を行うことができます。

年度内に投稿論文を完成させ、投稿します。論文が受理されて、はじめて一つの研究が完成します。これで1年がおしまいです。次年度の初めには日本学術振興会の特別研究員になるための書類を作成します。海老沢研究室は比較的できたばかりの研究室ですが、これまでに6人の特別研究員を輩出してきました。2年目の研究生活もほぼ同様だと思いますが、海外の研究会に参加したり、地上観測の経験を積んだりと、刺激的な研究生活が送れると思います。修士課程から入学した場合には、2年目の終わりに修士論文を作成することになります。

この他にも、検出器の較正に携わったり、衛星運用のお手伝いをしたりすることがあります。 また、宇宙研は、日本の科学衛星運用の最前線ですので、理学だけでなく工学も含めたシンポジウムが多数開催されています。興味があれば、これらのシンポジウムに参加して、視野を広げることもできます。例えば、毎年1月には宇宙科学シンポジウムが宇宙研で開催されます。このシンポジウムでは、宇宙研で作成した(している)ほとんどすべての科学衛星に関する最新の成果や、現在のプロジェクトの状況に関する講演、ポスター発表が行われます。

上に戻る