Moon Sniper / ムーンスナイパー / SLIM PROJECT

Objective / プロジェクトの目的

重力天体への
高精度着陸技術
小型探査機で実証する

 SLIM (Smart Lander for Investigating Moon) プロジェクトは、将来の月惑星探査に必要な高精度着陸技術を小型探査機で実証する計画です。この技術を実証することで、我々人類が進める重力天体探査は、従来の「降りやすいところに降りる」探査ではなく、「降りたいところに降りる」探査へと非常に大きな転換を果たすことになります。

 SLIMのような小型探査機による着陸実証は世界的にもユニークです。SLIMプロジェクトを実現することで、月よりも重量リソース制約の厳しい惑星への着陸も現実のものとなってきます。また、将来月面からのサンプルリターンを実施する場合、月面からSLIM級の大きさのリターン機を打ち上げれば、はやぶさ等と同程度の大きさのカプセルを地球に送り返すことができるようになると考えています。

 SLIMプロジェクトは、JAXA宇宙科学研究所のメンバーを中心としつつ、全国の大学等の研究者が集まり、一体となって検討・開発・運用を進めてきました。以下のリンクではプロジェクトの足跡を紹介しています。

詳細を見る

Spec / スペック
身長 2.4 m
肩幅 2.7 m
厚み 1.7 m
体重(着陸時) 210 kg
体重(空腹時) 190 kg
着陸精度 100 m 以内

Technology / 実現するための技術

高精度着陸
軽量探査機

 SLIMは、具体的には以下の二つの目的を達成することで、将来の月惑星探査に貢献することを目指しています。

  • 小型の探査機によって、月への高精度着陸技術の実証
  • 従来より軽量な月惑星探査機システムを実現し、月惑星探査の高頻度化

 高精度着陸は、将来の太陽系科学探査において必須とされています。昨今、対象となる天体についての知見が増え、探査すべき内容が今までより具体的になっているからです。そのため、ただ着陸するだけではなく、SLIMで目指すような高精度の着陸技術が必要となります。

 また、将来の太陽系科学探査においては観測装置の高度化が必要となります。そのためには、探査機システムを軽量化し、その分、観測装置にリソース配分をすることが必要となってきます。つまり、SLIMの軽量化技術は、将来の太陽系探査の要求に応えることができます。

 上記の目的を達成するために、様々な新技術を導入しています。

詳細を見る

Science / 月のサイエンス

月の起源を探る

 月周回衛星「かぐや」の成果により、月のクレーター斜面には、月内部から噴出したと考えられる岩石(カンラン石)が掘削され露出している事が分かりました。

 そこで、SLIMではクレータ斜面にピンポイント着陸し、上記の岩石を詳しく調べたいと考えています。

詳細を見る



Member / メンバー

SLIMメンバー

 SLIMはJAXA SLIMプロジェクト所属のメンバーの他、JAXA他部署、大学研究者や民間企業所属の関係者を含めて、多くのメンバーで推進しています。

詳細を見る







Gallery / SLIMギャラリー

SLIM関連情報

 SLIM関連の様々な情報を収集・整理しています。リンク先では、着陸降下運用に関わる情報の他、SLIMプロジェクトの公式・非公式のコンテンツ、また、SLIM関連情報を取り上げて頂いている外部サイトへのリンクも紹介しています。

詳細を見る