宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 活動内容 > 宇宙工学 > 衛星・探査機技術 > 月惑星探査ローバ

宇宙工学

月惑星探査ローバ

月や惑星表面を詳細にかつ広範囲にわたって探査を行うためには、移動探査が必要です。ローバミッションでは広範囲な探査だけではなく、クレータや断崖など地殻が露頭している地域など、調べてみたいところの探査を可能にします。そこで、探査ローバの走行メカニズム、自律機能、地形地図作成、経路計画、障害物検出・回避、知的遠隔操縦方式、テレサイエンス技術などについて研究を進めています。また惑星表面のサンプルを採取する小型軽量マニピュレータの研究や惑星内部探査のための掘削ロボットの研究も行っています。小惑星など小さい天体の表面探査を目的として、微小重力下で自律的に探査するホッピング型ロボットの研究開発を進めています。その初号機ミネルバが小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されました。

月惑星探査ローバ

月惑星探査ローバ「MINERVA」

関連リンク