平成28年度小規模計画の提案募集

宇宙科学研究所は、宇宙科学に係る学術研究に関する我が国の中核的な研究拠点として、大学共同利用システムの制度に基づき、これまで様々な科学衛星・科学探査機プロジェクト・国際宇宙ステーション(ISS)利用実験や観測ロケットおよび大気球実験を実施してきました。

この実績を踏まえつつ、宇宙政策委員会/宇宙科学・探査部会に提出した宇宙科学のロードマップに関する資料では、戦略的中型、公募型小型とならんで、小規模プロジェクトを宇宙科学プログラムの三本柱の一つと位置づけてきました。

しかしながら、天文観測、太陽系探査とも、より高精度、高機能の観測が求められ、規模が大きくなり一国での実施は難しくなりつつある状況にあります。日本が主導することのない1,000 億円規模の海外ミッションへ部分的な参加でデータ取得を可能として、日本主導ミッションを補完する形で進めることが必要となっています。海外の大型計画では、その立ち上げ前にサイエンス検討委員会が設置され、それらへ日本から参加することの要請が宇宙科学研究所へと寄せられ、現行の枠組みの範囲内で対応しているところです。しかしながら、各方面から日本の得意分野での参加を求められ、同時に複数の参加要請があるため、戦略的な対応が急務となっています。

そこで、宇宙理学委員会、宇宙工学委員会において議論した結果、小規模プロジェクトを戦略的に国際プロジェクトに参加する「戦略的海外協同計画」と多様な飛翔機会を用いた「小規模計画」の2つのカテゴリーに分けて、小規模プロジェクトを推進することになりました。「戦略的海外協同計画」では、ESAL/M クラス計画、NASA 旗艦計画/大型公募型計画等の海外大型計画への日本の参加について、宇宙科学の実行戦略等に基づき、戦略的に展開していくこととなりました。一方、「小規模計画」では、海外サブペイロード、海外の観測ロケット・大気球、国際宇宙ステーション(ISS)などの飛翔機会を利用した計画等を公募により幅広く提案を受けつけることとなりました。「小規模計画」について予算の規模は、最大で2億円程度以下/プロジェクトを想定します。限られた予算の中で最大の成果をあげるため、科学的意義のより高いものに集中せざるを得なく、外部資金による機器開発など外部資金やJAXA 外予算によりプロジェクトの一部、あるいは、プロジェクトに関わる開発を実施するなど、なんらかのマッチングファンド方式とすることを基本とします。

以上を踏まえて、今年度、新しい枠組みの「小規模計画」の公募を行いますので、本公募の趣旨に相応しい提案をお願いいたします。

公募要領 ダウンロードしてご利用下さい。
平成28年度小規模計画の提案募集
提案書 ダウンロードしてご利用下さい。
様式1:平成28年度小規模計画の提案書
募集締切 平成29年1月13日(金)17時(日本時間)必着
問合せ先 〒252-5210 神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1
JAXA 宇宙科学研究所 科学推進部
担当者:和木
T E L :042-759-8020
E-mail:KOUBO-ISAS(アトマーク)jaxa.jp
*(アトマーク)を@にかえてお送りください。

応募の際、E-mailの件名に必ず「平成28年度小規模計画の提案募集 申請(機関名:お名前)」とご表記ください。
ご注意 応募予定の方は、平成28年11月30日(水)17時までに応募意思(LOI:Letter of Intent)をお知らせ下さい。
詳細は公募要領をご覧下さい。