宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2011年 > 大気球実験BS11-06について

トピックス

大気球実験BS11-06について

2011年9月14日(水)6時12分に、BS11-06実験として、2011年度第二次気球実験の第二号機を連携協力拠点 大樹航空宇宙実験場より放球しました。この実験は、気球用フィルムとして世界で最も薄い、厚さ2.8μmのポリエチレンフィルムを用いて製作された超薄膜高高度気球の飛翔性能試験を目的としています。

気球は順調に上昇を続けましたが、高度14.7kmに達した時点で浮力を失い、緩降下を始めました。降下予定区域を逸脱する恐れがあったため、指令電波により気球破断を図りましたが、気球は所定の降下速度に達せず、降下中にジェット気流により東南東方向に流されて降下予定区域を逸脱し、実験場の東南東330kmの太平洋上に降下した模様です。

被害の報告はありません。関係各方面の方々のご協力に感謝申し上げますとともに、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいた します。

超薄膜高高度気球については、中間圏下部の「長時間その場観測」の実現のため高度54kmへ到達することを目指した開発の一環として実証実験を行ってきております。今回の不具合については、対策を検討するため原因を究明して今後の気球実験の開発・運用に役立てる所存です。

放球時の地上気象状況は、天候:晴れ、風速:毎秒1.0 m、気温:摂氏16.9度でした。


本実験をもちまして2011年度第二次気球実験を終了します。
第二次気球実験での実施を予定していた大気球実験B11-01、B11-03、B11-05の3実験は、実験準備の都合または気象条件の不適合のため、今季の実施を見送ることとしました。
実験にご協力いただいた関係各方面の方々のご尽力に深く感謝いたします。

2011年9月14日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!