宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2011年 > 赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)の運用終了について

トピックス

赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)の運用終了について

宇宙航空研究開発機構は、2011年11月24日(午後5時23分)に赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)の停波作業を実施し、これをもって同衛星の運用を終了しました。

「あかり」は、2006年2月22日に内之浦宇宙空間観測所からM-Vロケット8号機で打ち上げられ、日本初の赤外線天文衛星として、要求寿命1年、目標寿命3年を超えての運用を通じ、約130万天体に及ぶ「赤外線天体カタログ」を作成する等、赤外線天文学に関する多くの成果をあげてきました。
2011年5月24日に発生した電力異常を受けて、6月に科学観測を終了することとし、以降は、確実な停波に向けた運用を実施してきました。
主な実績・成果は以下のページおよび「あかり」プロジェクトの観測成果のページをご覧下さい。

参考:「あかり」の主な実績・成果

「あかり」最後の運用

「あかり」最後の運用

参考:宇宙研速報(村上浩プロジェクトマネージャーによる解説)

2011年11月24日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!