宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2010年 > 「はやぶさ」サンプルコンテナに微粒子確認

トピックス

「はやぶさ」サンプルコンテナに微粒子確認

「はやぶさ」カプセルのサンプル初期分析チームは、JAXA相模原キャンパス内のキュレーションセンターにおいて、 2010年6月24日から「はやぶさ」サンプルコンテナの開封作業に着手しておりましたが、微粒子の存在を確認しました。 なお、この微粒子がイトカワの物質か地球上の物質かは現段階では不明であり、今後詳細に検討していきます。

(※1)キュレーションセンター:試料の受入、処理、保管を行う施設
(※2)サンプルコンテナ:カプセル内にあり、サンプルを格納するための専用コンテナ

サンプルコンテナのフタを開封した所

サンプルコンテナのフタを開封した所(真空チェンバーのフランジ窓越しに撮影)(6/28撮影)

サンプルコンテナのフタを開封した所

サンプルキャッチャ内の微粒子をマニュピレーターで試験的にピックアップしている様子。下側の光る筋がマニュピレーター。先端の黒っぽい粒が微粒子。黒い筋はマニュピレーターの影。(6/29撮影)

2010年7月5日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!