宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2009年 > 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用再開!

トピックス

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用再開!

宇宙航空研究開発機構(以下:JAXA)は、2009年11月9日にご報告いたしました、小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンの異常について、その対応策を検討してきました。その結果、今後の運用に対する見通しが得られましたので、イオンエンジンの状況を注視しつつ帰還運用を再開することとしました。

JAXAでは、4つのイオンエンジンについて、中和器の起動確認や流量調整等を実施してきました。その確認作業において、スラスタAの中和器とスラスタBのイオン源を組み合せることにより、2台合わせて1台のエンジン相当の推進力を得ることが確認できました。

引き続き慎重な運用を行う必要はあるものの、この状況を維持できれば、はやぶさの2010年6月の地球帰還計画を維持できる見通しです。

今後もはやぶさの地球帰還に向けて、注意深く運用を続けてまいります。運用状況については,適時報告いたします。

新たな、はやぶさのイオンエンジン A, B の接続図

新たな、はやぶさのイオンエンジン A, B の接続図

小惑星探査機「はやぶさ」

小惑星探査機「はやぶさ」

イオンエンジン

はやぶさのイオンエンジン(スラスタA〜D)
※イオンエンジン3基稼働時の想像図です。

2009年11月19日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!