宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2009年 > 小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン異常について

トピックス

小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン異常について

小惑星探査機「はやぶさ」は2010年6月の地球帰還に向けて、第2期軌道変換を実施中でしたが、11月4日(水)(日本時間)に、作動していた主たるイオンエンジン1基(スラスタD)の中和器の劣化による電圧上昇により、自動停止していることが確認されました。以降、同スラスタの調査及び復旧を試みてきましたが、現時点では、まだ再起動に至っておりません。

JAXAでは、現在、探査機の状況を確認するとともに、地球への帰還に向けた対策について検討を進めています。検討結果がまとまり次第、あらためてお知らせいたします。

【注】「はやぶさ」は主推進装置として4台のイオンエンジン(スラスタA〜D)を搭載しており、各スラスタの状態は以下のとおりです。第2期軌道変換ではスラスタC,Dの2基で地球への帰還を計画しておりました。

  • スラスタA:打上げ直後に動作不安定等があったため、運用を休止中。
  • スラスタB:中和器の劣化による電圧上昇があり、運用を休止中。(2007年4月以降)
  • スラスタC,D:それぞれ中和器の劣化による電圧上昇の傾向が生じている。
    なお、スラスタCについては現在停止中であるが、稼動することは確認している。

イオンエンジン

小惑星探査機「はやぶさ」

イオンエンジン

はやぶさのイオンエンジン(スラスタA〜D)
※イオンエンジン3基稼働時の想像図です。

2009年11月9日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!