宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2004年 > 「はやぶさ」地球スウィングバイに向けた軌道微調整終了

トピックス

「はやぶさ」地球スウィングバイに向けた軌道微調整終了

 神奈川県相模原市のJAXA宇宙科学研究本部深宇宙管制センターでは、5月12日午前11時(日本標準時)、さる2003年5月9日に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」に関して、来るべき地球スウィングバイのための軌道微調整を無事終了しました。
 今回の軌道微調整は、5月19日の午後3時頃、「はやぶさ」が地球に最接近して行なうスウィングバイに備えたもので、目標とするΔV(速度追加)は13.2cm/秒でした。5月12日午前11時における「はやぶさ」と地球との距離は約250万km、「はやぶさ」の速度は約4km/ 秒です。
 スウィングバイの成否は5月20日の朝、最終的に判明します。これが成功すれば、イオンエンジンを主推進とした探査機による惑星スウィングバイとして世界初の快挙となります。

2004年5月12日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!