宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2012年 > 「ひので」から見た金星の太陽面通過

トピックス

「ひので」から見た金星の太陽面通過

6月6日に日本各地で観測された「金星の太陽面通過」は、太陽観測衛星「ひので」からも観測することができました。
「ひので」衛星がとらえた金星の太陽面通過の一部を公開いたします。

最新の公開画像、「ひので」衛星による観測の詳細は以下のページをご覧下さい。(観測画像は順次公開していく予定です。)

可視光・磁場望遠鏡(SOT)で見た第2接触前の金星

2012年6月6日7時30分頃(日本標準時)に、金星が太陽の内側に入って見える「内蝕」の始まり前後に撮影した画像です。金星が太陽の北東の縁から太陽面に入り込む直前に太陽光が金星大気で屈折して金星の縁が光の輪のように光る現象が捉えられています。

カルシウム(彩層)[画像クリックで拡大]
新しいウィンドウが開きます ムービー(1.6MB)

CN(388nm:光球)[画像クリックで拡大]
新しいウィンドウが開きます ムービー(1.6MB)

2012年6月6日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!