宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2010年 > 観測ロケットS-520-25号機打上げ日程

トピックス

観測ロケットS-520-25号機打上げ日程

観測ロケットS-520-25号機の打上げ実験は、下記日時に終了しました。[8月31日更新]

打上げ日時:2010年8月31日(火)5時00分
打上げ場所:内之浦宇宙空間観測所

打上げ準備の様子【画像クリックで拡大画像】

ランチャ載せ

電波テスト:発射点へ移動

電波テスト:角度付け

電波テスト:角度付け

実験内容

【宇宙導電テザーの伸展実験】

実験の目的

観測ロケットS-520-25号機を用いた本実験では、最大高度300km程度に到達する数分間に渡るロケットの弾道飛行を利用して、電離層中におけるエレクトロダイナミックテザー(EDT)の基礎実験と微小重力環境下におけるテザーを用いたロボットの姿勢制御実験を行う。
電離層中でのベアーテープテザーを用いた世界初のEDT実験であり、プラズマ収集に関する詳細な知見を取得する。また、テザーロボット実験は、新しい姿勢制御技術の実証実験である。

実験の概要

(1)導電性ベアーテープテザーの高速伸展
(2)ホローカソード(HC)の高速点火実験
(3)導電性ブームの伸展実験
(4)HC及びブームとベアーテープテザーを用いた大電流プラズマ収集実験
(5)テザーロボットによる姿勢制御実験

観測ロケットS-520-25号機の概要は以下の通りです。
到達高度水平距離全長全重量搭載機器重量
S-520-25350km 466km8m2.2t90kg

参加研究機関

今回の搭載機器は、JAXA、首都大、香川大、静岡大が中心となって開発を行い、また、研究グループには、米国、スペイン、オーストラリア等の研究者が参加。

実験のイメージ図

2010年8月9日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!