宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2008年 > S-520-24号機打上げ成功!

トピックス

S-520-24号機打上げ成功!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ロケット飛行中の微小重力環境を利用した結晶成長のメカニズム解明を目的とした観測ロケットS-520-24号機を2008年8月2日17時30分(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角78.4度で打ち上げました。
ロケットの飛翔および搭載された機器の動作は全て正常で、発射後55秒に開頭が行われ、結晶成長実験を開始しました。ロケットは発射後274秒で最高高度293kmに達し、全ての実験を終え、内之浦南東海上の予定された海域に落下しました。

今回搭載された2種類の結晶成長実験の機器は全て正常に動作し、データを取得しました。ファセット結晶成長実験では発射後95秒に結晶成長を開始し、この様子を共通光路型顕微干渉計および結晶成長制御・温度測定装置により観察しました。ダイヤモンド合成実験ではグラファイトが発射直前に加熱され、通電加熱式ダイヤモンド合成装置および超小型分光器により、結晶成長過程のリアルタイム計測を行いました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。

光学班は発射後38秒までロケットを追跡しました。
本日の天候は晴れ、地上風は西の風2.0m/秒、気温32℃でした。

S-520-24号機の飛翔

2008年8月2日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!