宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2005年 > 88万人の署名入りターゲットマーカ、くっきりと(最新画像)

トピックス

88万人の署名入りターゲットマーカ、くっきりと(最新画像)

探査機「はやぶさ」は、11月20日午前5時30分にターゲットマーカ(署名入り)を分離しました。分離約3 分後(高度三十数メートル付近)、「はやぶさ」は搭載の広角カメラで、イトカワに投下したターゲットマーカを撮像しました。拡大画像では、ターゲットマーカが太陽の光を受けて輝いているのがわかります。画像の垂直方向に筋のような光が発生しているのは、スミアという現象です。広角カメラにシャッタをつけていないため、CCD受光素子が光を変換した電荷をメモリに転送する際に、明るい光が元の電荷に加えられるため起こります。このスミアの除去処理をしたのがスミア補正画像です。丸いターゲットマーカが鮮明に写っています。また探査機「はやぶさ」の影の横に、ターゲットマーカの影をみつけることができました。ターゲットマーカが無事分離され、イトカワ表面に向かっている瞬間の画像です。

2005年11月25日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!