宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2005年 > 「はやぶさ」のリハーサル降下再試験の結果について

トピックス

「はやぶさ」のリハーサル降下再試験の結果について

「はやぶさ」は、平成17年11月12日に、着陸・試料採取に向けた誘導航法機能の確認と、近距離レーザ距離計(LRF) の較正、および探査ロボット「ミネルバ」の投下を目的に、日本時間同日午前3時に地上 からの指令でイトカワより高度約1.4kmから降下を開始しました。慎重に降下させるため速度を十分に落として誘導した ことから、予想よりも約1時間降下に時間を要し、最低高度点への降下時刻をNASA 深宇宙追跡局網による運用時間帯に移動 させました。誘導目標地点としては、当初、MUSES-SEA(ミューゼスの海)域に近い地点を目標としていましたが、誘導方式の制約から地球方向 の直下地点とならざるをえない方法であるために、この時刻変更により結果として、MUSES-SEA 域東側へと目標点を変更しました。 姿勢制御と、降下中の高度、速度の制御は概ね順調でした。最低到達高度は、レーザ高度計の指示値を換算すると約55mでした。

「はやぶさ」は、着陸に際して、表面までの距離とともに、斜め下4方向への距離を計測することにより、表面へ姿勢をならわせる操作を行います。「はやぶさ」は、このために近距離レーザ高度計(LRF) を搭載していますが、これについても、4ビームすべてについて、実際に小惑星表面について測定値が正しく得られ、レーザ高度計と同時に計測ができました。 探査ロボット「ミネルバ」は、所定の高度に到達したと思われた時点で、地上から切り離し指令が発信され、日本時間午後3時24分に 実際にこれが行われ、その結果が同40分にJAXA相模原管制センターで確認されました。「ミネルバ」は、「はやぶさ」との通信が確保 された状態で分離され、これは「はやぶさ」と「ミネルバ」の双方からの信号により確認されました。また、「はやぶさ」搭載の障害物検出センサにより、「ミネルバ」が探査機から分離されたことも確認されました。

「ミネルバ」の分離は、地上管制センターを介して行われたため、実際に分離されるまでの十数分間に「はやぶさ」のイトカワ表面上に おける位置がドリフトし、分離された時点で、高度は約200m 近くに達して、残念ながら「ミネルバ」をイトカワ表面にとどめることはできなかった模様です。 なお、「ミネルバ」は、その後も継続して「はやぶさ」との通信を保ち続けており、搭載機器の状況も把握されています。一両日中、なお詳細な検討を行い、継続してコンタクトをとり続ける予定です。詳細がわかりしだい、あらためて連絡いたします。

このほか、実際のMUSES-SEA 域での着陸・試料採取を行うには、日本国内からは可視ではないため、NASA 深宇宙追跡局網を用いる必要がありますが、本日の再リハーサルでは、この複数局を切り替えての運用性についても、実際のスケジュールの中で確認できたと考えています。

すでにお知らせしているように、「はやぶさ」は今後

  1. 11月19日に、署名入りターゲットマーカを用いて第1回目の着陸と試料採取、
  2. 11月25日に、第2回目の着陸と試料採取

本日の再試験にあたり、協力をいただいた米国航空宇宙局(NASA) の深宇宙追跡局網に深く感謝いたします。

2005年11月12日 宇宙航空研究開発機構

2005年11月12日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!