宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2005年 > 「はやぶさ」、イトカワの自転を捉える

トピックス

「はやぶさ」、イトカワの自転を捉える

この画像は、2005年9月5日18:10から6日0:30(日本時間)にかけて撮影された、20枚の画像を重ね合わせて作成したアニメーションです。撮像開始時点でのイトカワと探査機との距離は700キロを切っています。このときは、探査機は時速約10キロでイトカワに近づきつつあります。
イトカワは地上観測により、約12時間で自転するということがわかっています。このアニメーションでは、そのうちの半分にあたる自転を記録しています。
自転の向きは予測通りでした。

2005年9月7日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!