宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2004年 > 地球スイングバイ後の「はやぶさ」から撮影した地球

トピックス

地球スイングバイ後の「はやぶさ」から撮影した地球

 5月19日午後の「はやぶさ」地球スイングバイのあと、遠去かりつつ撮影した地球です。
撮影は、搭載カメラのうち広角カメラ(ONC-W2)で行いました。これで、今回のスイングバイ時に、3台すべてのカメラで地球や月を撮影できたことになります。
それぞれの写真の下に、写真の撮影時刻と、そのときの地球との距離を示してあります。
「はやぶさ」が地球からだんだん遠ざかっていく様子をご覧ください。

撮影時刻 5月19日午後8時10分(日本時間) 距離 9万5000キロ

撮影時刻 5月19日午後9時(日本時間) 距離 11万キロ

撮影時刻 5月20日午前0時(日本時間) 距離 16万キロ

2004年5月20日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!