Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
前回のブログでお知らせしたように、B室の開封準備を始めました。

まず、A室に石英皿で蓋をして反転し、多少の衝撃を加えたところ、光学顕微鏡で観察できる程度の微粒子が多数(数百個以上)新たに採集されました。この中から初期分析を行う粒子を判定するために、SEM(走査型電子顕微鏡)分析を行う予定ですが、そのためには、マニピュレータで1粒ずつSEMホルダーに乗せ替えることが必要で、多少時間がかかります。

うまくいけば、先日発表したイトカワ起源の微粒子の初期分析に先立って、これらの少し大きめの粒子から初期分析が始められる可能性があります。

この事があったため、B室の開封作業を中断していますが、大きめの粒子のSEM作業と並行してB室の作業を再開する予定です。
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
「はやぶさ」搭載の帰還カプセルにより持ち帰られたサンプル収納容器のサンプルキャッチャーA室から、特殊形状のヘラで採集された微粒子をSEM(走査型電子顕微鏡)で観察および分析し、1,500個程度の微粒子を岩石質と同定しました。

さらにその分析結果を検討した結果、そのほぼ全てが地球外物質であり、小惑星イトカワ由来であると判断しました。

トピックスhttp://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/1116.shtml
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
新型ヘラを用いて採集した微粒子について、走査型電子顕微鏡による同定・マッピングを継続中です。現在、岩石質と同定された粒子数は約 1500個に達しています。なお、このような極微粒子の初期分析のための取扱技術に関しては、ナノテク関連のメーカを含む様々な専門家の英知 を結集して検討、準備中です。

また、今後の作業として幾つかのオプションを検討してきましたが、これまで探索して来たA室での作業を一旦中断し、B室の開封、サンプル探索 を優先する事として、現在、その準備中です。

(「はやぶさ」キュレーションチーム)
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
前回(10/06)、新型ヘラを用いて採集した試料を、ヘラに付着した状態で走査型電子顕微鏡により直接観察を行った事を報告しましたが、採 集した微粒子の同定・マッピングを継続中です。先週時点で、岩石質と同定された粒子数は約800個に達しています。

なお、このような極微粒子の初期分析のための取扱技術に関しては、ナノテク関連のメーカを含む様々な専門家の英知を結集して検討、準備中です。

(「はやぶさ」キュレーションチーム)
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
前回(9/27)報告したヘラを用いて回収された試料を、ヘラに付着した状態で走査型電子顕微鏡により直接観察を行いました。

その結果、多数の微粒子が確認されました。
トピックスhttp://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/1008.shtml

なお、これらが小惑星「イトカワ」の物質であるかどうかの判断には、今後予定している初期分析の結果をみる必要があります。

(「はやぶさ」キュレーションチーム)
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
「はやぶさ」キュレーションチームは、継続して、サンプルキャッチャーA室内からのマニュピレータによる直接的な試料回収を実施中です。

新たに準備してきたヘラによる試料回収を試行しました。これは、光学顕微鏡とマニピュレータを用いた方法では回収が困難な微粒子を、ヘラに付 着した状態で走査型電子顕微鏡により直接観察を行うためのものです。現在、走査型電子顕微鏡で観察する前の状況チェックとして、光学顕微鏡に よるヘラの観察を行っています。

なお、極微粒子の今後の取扱については、引き続き、ナノテク関連のメーカを含む様々な専門家の英知を結集して検討しています。

(「はやぶさ」キュレーションチーム)
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
皆さんも気になる(私も気になる)カプセル内のサンプル回収作業も、キュレーション施設で着々と進められているようです。
プレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2010/07/20100707_hayabusa_j.html
公的な発表を待って情報を発信していきたいと思います。

ところでこの『キュレーション施設』という言葉、耳慣れない方も多いかと思いますが、「試料の受入、処理、保管を行う施設」を意味します。
美術館や博物館で展示物・標本の管理を行う「キュレーター(curator) 」という役職の方の職場と同じですね。

キュレーターの仕事は、おおざっぱに言うと
『標本を集めて、その成分を分析・分類しカタログ化する。サンプルを科学的に保ちながら適正な環境で保管して、学術的な貸し出しを管理する』
ことです。データベースと実物両方を扱える凄い人達です。

米国にはアポロが持ち帰った「月サンプル」のキュレーターという方もいますし、
世界2位の隕石保有国である日本にも「隕石キュレーター」がいらっしゃいます
(参考:極地研 南極隕石ラボラトリー http://yamato.nipr.ac.jp/AMRC/ )。 
(IES兄)
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
7年ぶりにカプセルと対面しましたが、まるで新品のようでした。

2007年に閉めたふたは、本当に閉まっていて良かったです。まるでタイムカプセルのようです。

地球から60億km、相模原を母港とすると、母港へ一周して戻ってきました。非常に感慨深いものがあります。

皆さんと一緒に取り組んできましたので、皆さんが祝福されるべきだと感じています。
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
回収したカプセルは、日本時間 6月18日 02時15分頃に相模原に到着しましたのでお知らせいたします。
Category: News_jp
Posted by: HayabusaLive
<6月17日 11時19分(日本時間)発信>

回収したカプセルの日本への輸送を開始しました。