宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2016年 > 「あかつき」の状態について

トピックス

「あかつき」の状態について

 一部報道にありましたように、金星探査機「あかつき」について、2月20日(土)の臼田局運用でテレメトリが取れず、コマンドも効かない状況になりました。翌2月21日(日)に、当初から仕込まれたタイムラインコマンドにより、通信するためのアンテナが自動的に変更され、地球との通信が回復しました。

 今回の通信不通の原因は、コマンド入力の際に、不適切な姿勢系制御パラメータを探査機に送ってしまったためで、あかつきの通信・観測機器の問題ではありません。また、探査機の状態が健全であることを確認しました。

 対策として、運用方法を見直すと同時に、コマンド入力項目について、チェックする手順を整えました。
 今後の観測への影響はなく、2016年4月頃から本格的な観測を開始する予定です。

2016年2月24日