宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2012年 > 観測ロケットS-520-26号機 打上げ終了

トピックス

観測ロケットS-520-26号機 打上げ終了

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、熱圏中性大気とプラズマの結合過程解明を目的とした観測ロケットS-520-26号機を2012年1月12日05時51分00秒(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角72.5度で打ち上げました。

ロケットの飛翔は正常で、計画どおり発射後56秒に開頭が行われ、58秒に観測を開始しました。ロケットは、発射後57.5秒にNEIプローブ伸展、58秒にEFDリボンアンテナ伸展開始、58.5秒にFLPプローブ伸展、61秒にIRM伸展、66秒にEFDインフレータブルチューブアンテナ伸展開始、278秒に最高高度298kmに達した後、リチウム放出器に点火、リチウム蒸気を放出し、内之浦南東海上に落下しました。

搭載観測装置の一つ(イオン質量エネルギー分析器)は所定の観測ができませんでしたが、インピーダンスプローブ、ラングミューアプローブ、ビーコン送信機、電場計測器、磁場計測器、太陽センサは、上昇時下降時を通じて正常な観測を行いました。ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲は、内之浦、宿毛、室戸の各地上観測点で約30分間観測されました。

ロケットに搭載されたビーコン送信機からの電波は6箇所の地上観測点にて正常に受信されました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。

なお、今回の観測ロケットでは、2011年12月19日に打ち上げたS-310-40号機と同様のロケットの点火や管制及び機体計測などを行う新開発の統合型搭載機体管制装置(統合型アビオニクス)を搭載し、その飛翔試験も兼ねて実験を実施しました。この機能も正常で、今後打ち上げる観測ロケットに使用されるこのシステムの健全性を確認することができました。

 光学班は発射後44秒までロケットを追跡しました。
 本日の天候は晴、地上風は北西の風2.7m/秒、気温 1.2℃でした。

S520-26 打上げ

打上げ(1月12日05時51分)[画像クリックで拡大]

ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲(室戸 6時11分)

ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲(室戸 6時11分)

ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲(内之浦 6時16分)

ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲(内之浦 6時16分)

参考

搭載観測機器一覧

搭載機器名 主な観測項目 主担当機関
リチウム放出器(LES) 大気 中性風 JAXA
イオン質量エネルギー分析器(IRM) イオン イオンドリフト速度 カナダ・カルガリー大学
インピーダンスプローブ(NEI) 電子 電子密度 東北大学
ラングミューアプローブ(FLP) 電子温度、電子密度 JAXA
ビーコン送信機(DBB) 全電子数 京都大学
電場計測器(EFD) 電磁場 電場ベクトル 富山県立大学
磁場計測器(MGF) 磁場3成分 東海大学
太陽センサ(SAS) ロケット姿勢 太陽方向 東海大学

打上げ準備のようす

S520-26 頭胴部動作チェック

頭胴部動作チェック

S520-26 ノーズコーン本組み

ノーズコーン本組み

S520-26 発射点での頭胴部動作チェック

発射点での頭胴部動作チェック

S520-26 ランチャ載せ

ランチャ載せ

S520-26 ロケット・ランチャセット

ロケット・ランチャセット

S520-26 角度セット

角度セット

参考:宇宙研速報(阿部琢美准教授による解説)

2012年1月12日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!