宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > イベント > 次世代赤外線天文衛星SPICA 講演会

イベント

ビッグバンから生命の誕生までー次世代赤外線天文衛星SPICAの挑戦ー

[画像クリックで拡大]

【日にち】2013年6月21日(金)
【時 間】18時00分〜20時00分(開場:17時30分)
【場 所】イイノホール(地下鉄霞ケ関駅から徒歩1分)

次世代赤外線天文衛星SPICAは、新しい冷却システムの開発によって実現した−267℃(絶対温度6K)の“全冷却望遠鏡”を搭載しています。このハッブル宇宙望遠鏡をも上回る大口径の望遠鏡により、圧倒的な高感度・高空間分解能の観測を行い、遠方宇宙(初期宇宙)から届く微弱な光(赤外線)をとらえ、近傍宇宙(恒星・惑星系)をより精細に調べることが可能になります。

定員500名(事前申込みが必要です。)

[6月17日(月)更新]
キャンセルが出ましたので、追加募集を行います。
再度定員に達しましたので、募集を締め切りました。

★ 入場無料 ★

詳細

開催日時

2013年6月21日(金)18時00分〜20時00分(開場:17時30分)

場所 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 イイノビルディング4階
交通 地下鉄霞ケ関駅C3出口 徒歩1分
新しいウィンドウが開きます アクセス
参加費 無料
対象者 中学生以上
定員

500名(先着順。事前に申込みが必要です。)

申込み方法

[6月17日(月)更新]
キャンセルが出ましたので、追加募集を行います。
再度定員に達しましたので、募集を締め切りました。

ネット配信について

講演のようすは、インターネットで配信される予定です。

問い合わせ先

JAXA宇宙科学研究所 広報・普及係
TEL:042-759-8008

内容

司会:阪本 成一(宇宙科学研究所 宇宙科学広報・普及主幹)
開会挨拶 常田 佐久(宇宙科学研究所 所長)
講演1 SPICAとは何か
中川 貴雄(宇宙科学研究所 宇宙物理学研究系 教授)
講演2 宇宙の物質輪廻
R. Waters(オランダ宇宙科学研究所(SRON) 所長)
講演3 惑星系のレシピ
田村 元秀(東京大学大学院天文学専攻 教授)
講演4 銀河誕生のドラマ
G. Helou(NASA赤外線データ解析センター(IPAC) 所長)
質疑応答
閉会挨拶 稲谷 芳文(宇宙科学研究所 副所長)