宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > トピックス > トピックス > 2006年 > 「はやぶさ」によるイトカワの科学観測成果、科学雑誌「サイエンス」が特集!

トピックス

「はやぶさ」によるイトカワの科学観測成果、科学雑誌「サイエンス」が特集!

日本の惑星探査で初めての「サイエンス」イトカワ科学観測特集号(6月2日号)が発行されました。
小惑星探査機「はやぶさ」は昨年9月中旬から11月下旬にかけて、小惑星イトカワの科学観測を行いました。高度20km〜3kmの距離から4種類の観測機器を用いて、イトカワの形状、地形、表面高度分布、反射率(スペクトル)、鉱物組 成、重力、主要元素組成などを観測しましたが、その結果は、小惑星の形成過 程を考える上で、まったく新しい知見をもたらしました。もっとも普通に存在する小型小惑星の詳細な姿を明らかにしたことは、今後の全ての小惑星探査における重要な指標となるものです。数々の科学成果を上げた論文の要旨を紹介します。
なお、特集号を組むにあたって「サイエンス」編集長ケネディ氏よりお礼とお祝いの手紙が届きましたので、合わせてご紹介します。

「サイエンス」編集長、Donald Kennedy博士からの手紙はこちら
掲載論文の著者および概略はこちら

2006年6月2日

ISASメールマガジン

最先端の宇宙科学に従事している研究者の、汗と涙と喜びに満ちた生の声をお届けするメールマガジンに、あなたも参加しませんか?詳しくはクリック!