宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 研究者のみなさんへ > シンポジウム・研究会 > 月科学の統合研究シンポジウム

シンポジウム・研究会

月科学の統合研究シンポジウム 講演募集

本年度の月科学の統合研究シンポジウムを下記のとおり開催致します。

月の科学は、2009年に運用が終了した月周回衛星「かぐや」がもたらしたデータにより、飛躍的に進歩しました。これまで、主に14観測機器の個別のサイエンスや、関連する分野同士の機器データを相互参照したデータ解析によって、月の元素・鉱物・表層・環境・重力に関する、基礎データが構築されてきました。そして昨年度に至り、いよいよ分野間を超えたデータを統合的に解析する手法がスタートし、「かぐや」データによる「月の起源と進化」のモデルを構築する試みが始まりました。本シンポジウムでは、月表層と周辺プラズマ・電磁場との相互作用、月の希薄大気、月の海と地殻の形成・進化、月の火成活動、月の地下構造の各テーマについて、これまでの個別研究成果をレビューすると共に、今後の統合的テーマに関して、目標とするサイエンスや解析手法を議論します。

月科学の統合研究シンポジウム 世話人  岩田 隆浩(JAXA)
LOCとりまとめ  荒木 博志(国立天文台)
岡田 達明(JAXA)
SOCとりまとめ  春山 純一(JAXA)

詳細

開催日 2014年3月4日(火)〜5日(水)
場所 〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
国立天文台三鷹キャンパス 大セミナー室
新しいウィンドウが開きます アクセス
申込み方法
  • 口頭・ポスターいずれの発表についても、著者(主著、共著)、代表連絡先、概要(英文もしくは日本語 文字数500字以下、テキストフォーマット)、とともに、以下のあて先まで、E-mailにて、お送り下さい。
    "z-selene-symp-2014_at_jaxa.jp" : _at_ を@に変えてお送り下さい。
  • その際、口頭発表かポスター発表(もしくは、いずれでも)の希望をお知らせ下さい。
  • この概要は、プログラム編成で使わせていただきます。口頭発表か、ポスター発表かは、シンポジウム編成事務局で最終的に判断させていただきます。ご希望に添えない場合もあるかもしれませんが、予め、ご了解ください。
  • なお、旅費支援(国内移動旅費、宿泊費等)を申し込まれる方、出張希望日程も、お知らせ下さい。 ただし、金額に限りがありますので、その決定については世話人にご一任下さい。
プログラム 下記を参照してください。
新しいウィンドウが開きます SELENE Symposium 2014 (PDF,英語)
申込みおよび問合せ先

月科学の統合研究シンポジウム事務局
E-mail:z-selene-symp-2014_at_jaxa.jp : change "_at_" to @

※E-mailにてお問い合わせ下さい。