第9章 M-Vの衛星たち

カテゴリーメニュー

打ち上げ延期

こうして2004年2月の打上げを目標にこれまで開発が進められてきたASTRO-Fであったが、総合試験の最中に、望遠鏡主鏡を支持する部分が打上げ時の振動や衝撃で壊れる可能性のあることが明らかになり、これを改修するために、残念ながら打上げが延期されることになった。

ASTRO-Fは有効口径67cmの反射望遠鏡を搭載している。
この望遠鏡は、液体ヘリウムを使って-270℃近くまで冷却して使用される特殊なものである。鏡は炭化ケイ素で作られており、これがチタンやアルミなどの金属でできた構造に取り付けられている。試作品を用いた極低温下の試験では特に何事も起きなかったのだが、実機の試験で、鏡の取り付け部分が外れる不具合が起き、その強度が不足していることが明らかになった。この問題を解決するために対策委員会が作られ、故障原因の詳しい調査や、改良方法の検討が始まった。この時点の推定では、故障の原因究明と改修を行って打ち上げられる状態に復帰するには、1年程度かかる見込みであった。

ASTRO-Fの打上げ日程は、その後しばらくは「未定」となっていたが、2004年夏に修理が完了し、望遠鏡を含めた観測装置の組立を終えることができたできたことから、2006年の初めに打ち上げることが決定された。ASTRO-Fの開発も、いよいよ最後の詰めの段階になったわけである。

読みかけのページとして記録する

「読みかけのページとして記録する」について