第8章 究極の固体ロケットをめざして

カテゴリーメニュー

構造系の研究開発

M-Vロケットの構造は、モータケース、段間接手、後部筒、ノーズフェアリングに大きく分かれる。その構造・材料の開発は、1990年度から始まった。

読みかけのページとして記録する

「読みかけのページとして記録する」について