第4章 初期のミューと宇宙科学

カテゴリーメニュー

日本のX線天文衛星の活躍

「はくちょう」によって世界の舞台に躍り出た日本の科学衛星は、ここからM-3Sロケットという全段制御の宇宙輸送機を得て、一段と高いレベルをめざすことになる。その先頭に立ったのは、X線で宇宙を見つめる人々であった。

読みかけのページとして記録する

「読みかけのページとして記録する」について