宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 活動内容 > 科学衛星 > X線天文衛星「あすか」ASTRO-D

X線天文衛星「あすか」ASTRO-D

機体データ

名称(打上げ前) あすか(ASTRO-D )
国際標識番号 1993-011A
開発の目的と役割

宇宙の科学的進化の解明、ブラックホールの検証、宇宙における粒子加速の場所の確認、ダークマター(暗黒物質)の分布とその全質量の決定、宇宙X線背景(CXB)放射の謎の解明、X線天体と深宇宙の進化の研究等を目的に、宇宙空間の星・銀河のX線観測、銀河団などの宇宙最深部のX線による観測を行う。

打上げ 日時 1993年2月20日 11時00分
場所 鹿児島宇宙空間観測所(内之浦)
ロケット
構造 質量 約420kg
形状

高さ4.7m(伸展式光学ベンチ伸展時)
2枚の折りたたみ式(3つ折り)太陽電池パドルを備える

[画像クリックで拡大]

軌道 高度 近地点525km 遠地点615km
傾斜角 31度
種類 略円軌道
周期 96分
主要ミッション機器

(1)X線望遠鏡(XRT)
0.5から12キロ電子ボルトまでの広いエネルギー範囲(従来はほぼ4キロ電子ボルト以下であった)のX線を効率よく集光する望遠鏡。
(2)X線CCDカメラ(SIS)
一つ一つのX線光子のエネルギーを計測する「フォトン・モード」での動作が可能なカメラ。ペルチエ素子による電子冷却と放射冷却により、-70℃まで冷却させて観測を行う。
(3)撮像型蛍光比例計数管(GIS)
「てんま」衛星に搭載された装置を改良した観測器。SISに比べて、広い視野を一度に観測出来る。

運用停止日 2001年3月2日
落下日 2001年3月2日
運用 打上げ後、望遠鏡の鏡筒に相当する伸展式光学台(EOB)の伸展に成功、観測を開始した。順調に観測を行ったが、2000年7月、折りからの活発な太陽活動のため地球大気が膨張、衛星は希薄な大気による摩擦を受けてスピン状態に陥り、観測は不能となった。最低限の機能により運用を継続したが、2001年3月2日14時20分頃、大気圏に突入し、消滅した。
観測成果

1993年3月17日、蛍光比例計数管によりX線天体の初めての撮像に成功、同年4月5日には、M81銀河に発見されたばかりの超新星SN1993JからのX線をとらえることに成功するなど、大きな成果を上げた。