宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 活動内容 > 科学衛星 > 磁気圏観測衛星「あけぼの」EXOS-D

磁気圏観測衛星「あけぼの」EXOS-D

機体データ

名称(打上げ前) あけぼの(EXOS-D)
国際標識番号 1989-016A
開発の目的と役割

オーロラに関連した磁気圏の物理現象(オーロラ粒子の加速のメカニズムとオーロラ発光現象の観測)の解明

打上げ 日時 1989年2月22日 8時30分
場所 鹿児島宇宙空間観測所(内之浦)
ロケット
構造 質量 約295kg
形状

高さ100cm 対面寸法126cm
4枚の太陽電池パドルがついた八角柱型
30m長のアンテナ/5m・3mの伸展マストを備える

[画像クリックで拡大]

軌道

(打上げ時点)

高度

近地点275km 遠地点10500km

傾斜角 75度
種類 長楕円軌道
周期 211分
主要ミッション機器

(1)磁場計測器(MGF)
(2)電場計測器(EFD)
(3)低周波プラズマ波動計測器(VLF)
(4)高周波プラズマ波動計測器(PWS)
(5)低エネルギー粒子計測器(LEP)
(6)低エネルギーイオン組成計測器(SMS)
(7)電子温度計測器(TED)
(8)放射線モニター(RDM)
(9)オーロラ撮像カメラ(ATV)

運用停止日

平成27年4月23日

観測成果

太陽活動の完全な1サイクル(11年)の観測を達成した。これまで「磁力線に平行な電場による粒子加速の実証」「極電離圏からのイオン流出についての定量的研究」「UHR波動が赤道で強まることについての詳細な研究」「低高度のプラズマ圏の熱的構造」「プラズマ圏の密度が磁気嵐の際に部分的に落ち込む現象の発見」「放射線帯の粒子の長期的変動の観測」などの科学成果をあげている。